つわり 対策

つわり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/01 01:14 UTC 版)

対策

  • 枕もとにクッキーなどをおいて低血糖を防ぐ。
  • 好物だけでもよいので水分と食事の摂取を心がける。
  • 身の回りから自分の嫌いなものを遠ざけたり、ストレスのたまらない生活を送ること。
  • 生姜が嘔気症状の改善に効果があるとの報告がある。[2][3][4][5]

医学的介入

つわりは妊娠5週頃から出現し、16週頃には軽快するのが通常であるが、妊娠後期や出産直前まで続くケースもある。この期間は胎児の器官形成期であるため、安易な薬物投与は胎児奇形を招く(催奇性)リスクがある(代表例にサリドマイドがある)。吐き気止めとしてよく用いられる消化管機能改善薬メトクロプラミド(プリンペラン®)ですら(催奇形性は確認されていないものの)安全性は確立していない。少量・短期間投与にとどめるべきと考えられている。漢方薬が比較的安全に投与可能といわれており、よく利用されている。点滴治療では維持液にビタメジン、タチオンなどを加えることが多い。

関連項目

脚注


  1. ^ hCG自体がどのような作用をしてつわりを起こすかは未だ解明されていない。
  2. ^ Obstetrics & Gynecology, 97(4), April 2001, 577-582,
  3. ^ Obstetrics & Gynecology, 103(4), April 2004, 639-645,
  4. ^ Obstetrics & Gynecology, 105(4), April 2005, 849-856,
  5. ^ Midwifery, 25(6), December 2009, 649-653


「つわり」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「つわり」の関連用語

つわりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



つわりのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのつわり (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS