ちりめんじゃこ 製品

ちりめんじゃこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/24 21:15 UTC 版)

製品

利用

そのままご飯にかけたり、炊き込みご飯、煮物、炒め物などに利用される[3]

塩分

1980年代までは、日持ちがする塩分の高い(塩辛い)物が好まれたが、最近は健康への関心の高まりから減塩された製品が多くなっている。

混入物

漁獲された際にはタコエビカニタツノオトシゴなど、イワシ類の魚以外の様々な生物の稚魚幼生が混入している。かつてはこれらが混入したままちりめんじゃこに加工されて販売され、購入したちりめんじゃこの中からこれらの混入物を拾い集めて楽しむ者もいた。2004年に大阪府岸和田市きしわだ自然資料館の学芸員がこのような混入物を「チリメンモンスター」(略してチリモン)と名づけ、その呼び名が広まった。

これらの混入物は価格の低下を招くほか、混入する無毒なフグの稚魚[6]、エビ・カニによる食物アレルギーの表示義務が生じることなどから、近年は漁獲・製造・販売時に取り除かれるようになり、混入した状態で販売されることは少なくなった[7][8]。一方、このチリメンモンスターを教育に生かそうとする試みが始まっている[9]

加工風景

脚注

[脚注の使い方]

関連項目




「ちりめんじゃこ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ちりめんじゃこ」の関連用語

ちりめんじゃこのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ちりめんじゃこのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのちりめんじゃこ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS