さんふらわあ くろしお さんふらわあ くろしおの概要

さんふらわあ くろしお

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/02 08:44 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
さんふらわあ > さんふらわあ くろしお
さんふらわあ くろしお
(PANSTAR DREAM)
基本情報
船種 フェリー
船籍 日本(1997-2002)
 韓国(2002-)
所有者 運輸施設整備事業団
ブルーハイウェイライン
パンスターフェリー
運用者 ブルーハイウェイライン
ダイヤモンドフェリー
パンスターフェリー
建造所 三菱重工業下関造船所[1](1034番船)
航行区域 沿海区域・A2水域[1]
信号符字 DSFU2(PANSTAR DREAM)
IMO番号 9162150
MMSI番号 441178000(PANSTAR DREAM)
改名 パンスター・ドリーム(2002-)
経歴
進水 1997年3月21日[1]
竣工 1997年
就航 1997年7月1日[2]
運航終了 2001年10月1日
要目
総トン数 9,723 トン[1]
載貨重量 4,249 トン[1]
全長 160.0 m[2]
全幅 25.0 m[2]
深さ 16.81 m[2]
喫水 4.49m[1]
満載喫水 6.05m[1]
機関方式 ディーゼル
主機関 NKK18PC-6V 2基
出力 27,000 hp[2]
最大速力 25.16ノット
航海速力 22.7ノット[2]
旅客定員 530名[2]
乗組員 40名
車両搭載数 12mトラック150台、4.5m乗用車70台[2][1]
テンプレートを表示

概要

さんふらわあ とさの代船として三菱重工業下関造船所で建造され、1997年7月1日東京 - 那智勝浦 - 高知航路に就航した。船名は高知航路を流れる太平洋の黒潮に由来する[3]

しかし乗客定員を従来のさんふらわあ とさの約1100人から490名と大幅に減らした事から収益の圧迫に繋がり年間4億円から6億円・累積で40数億円の赤字となったことから[4]2001年10月1日、航路廃止により定期航路から引退したが、機関故障で長期離脱したスターダイヤモンドの代船として、2001年10月から12月までダイヤモンドフェリー神戸 - 別府航路に就航した[5]

その後、海外売船され、韓国パンスターフェリーパンスター・ドリーム(PANSTER DREAM)となり、釜山港大阪南港を結ぶ国際航路に2002年4月から就航した。 2007年4月からは、元さんふらわあ みとパンスター・サニー(PANSTER SUNNY)の就航によりデイリー運航となっていたが、2009年5月から本船のみの週3往復の運航となっている。

設計

前船のさんふらわあとさと比較して、やや小型となり総トン数は減少した。航路の利用状況に合わせて旅客定員が削減され、車両積載能力が強化されている。主機出力の増強により航海時間が約1時間短縮され、東京 - 高知の所要時間は20時間30分となった[2]

船内のコンセプトは「浴衣でくつろぐ船の旅」で、和風旅館をイメージした内装とされたほか、浴衣姿で船内のパブリックスペースを利用することが認められていた[2]




  1. ^ a b c d e f g h 貨物営業案内 フェリー部門主要目”. ブルーハイウェイライン. 2001年2月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月19日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j 株式会社ブルーハイウェイライン (1997-12-30). “"浴衣"でくつろぐ船の旅 : 大型フェリー「さんふらわあ くろしお」”. らん (日本船舶海洋工学会) (38): 44-46. ISSN 09160981. NAID 110003866502. https://ci.nii.ac.jp/naid/110003866502 2016年2月15日閲覧。. 
  3. ^ TOPICS - ブルーハイウェイライン(Internet Archive)
  4. ^ 長距離フェリー航路廃止復活へ2社と水面下で交渉 - 朝日新聞2001年10月2日朝刊和歌山版
  5. ^ ダイヤモンドフェリー/「さんふらわあ くろしお」用船へ。投入船ドック入りで。別府-神戸直行便に変更 - 日本海事新聞2001年10月22日


「さんふらわあ くろしお」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

さんふらわあ くろしおのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



さんふらわあ くろしおのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのさんふらわあ くろしお (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS