さくら (花札) さくら (花札)の概要

さくら (花札)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/01 01:55 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

概要

花札は日系移民によりハワイに伝えられたが、現在は高齢者を中心に細々と行われているのみである[1]

ゲームの内容は花合わせによく似ているが、札の点数や役に大きな違いがある。

名称

「さくら・肥後花・熊本花」はゲームの名称であり、札そのものは単に「花札」と呼ばれる。

遊び方

通常の48枚の花札を使用する。

植物をハワイ風に変えた特殊な花札も市販されているが、それは土産用であり、ゲームを行う上では日本の花札をそのまま使用して構わない。

人数

人数は2人から7人まで[2]が可能である。ただし人数が多いと役はほとんどできなくなる。

出降りがあり、常に2人だけが実際に競技する「追い花」という遊び方もあるらしい[3]

札を配る

参加人数によって以下のように枚数が異なる。

人数 手札 場札
2 8 8
3 7 6
4 5 8
5 4 8
6 3 12
7 3 6

札を取る

実際の札の取り方は花合わせを参照。途中で役ができても手札がつきるまでプレイを続ける。

ガジ(鬼札)

雨のカス札は「ガジ」と呼ばれる。ガジが場に出た場合には、ふつうの雨の札として扱う。ガジが手札にある場合は、雨に限らず場にある何月の札とでもあわせることができる。

プレイが終わったとき、2枚の札があまる(雨が1枚と、ガジで取った月の札が1枚)が、あまりの札が出てきたら、それらはガジを使った人のものになる。

引き

場に同じ月の札が4枚出たときは、その札はすべて親のものになる。

同じ月の札が場と手札をあわせて4枚になるときは、「引き」を宣言して、それらを一度にまとめて取ることができる。

「引き」はいつでも宣言できる。4枚のうちの1枚をだれかがガジで取ろうとしたときに「引き」を宣言すれば、引きのほうが優先される。

得点計算

札の点数

「さくら」の札の得点は、一般的な花合わせや八八のものとは異なり、種札と「柳に小野道風」は5点で、逆に短冊が10点になる。

点数 枚数
20点 4枚 松に鶴、桜に幕、芒に月、桐に鳳凰
10点 11枚 短冊、黄色の桐のカス札
5点 10枚 柳に小野道風、それ以外の種札
0点 23枚 それ以外のカス札

出来役

出来役はすべて札3枚からなり、一律50点である。日本の花合わせと同じものもあるが、独特なものが多い。役に決まった名前がないので、説明のためにここでは番号をつけてある。

番号 説明 組み合わせ
1 桜に幕・芒に月・菊に盃の3枚
2 萩に猪・紅葉に鹿・芒に雁の3枚
3 松に鶴・梅に鶯・桜に幕の3枚
4 松・梅・桜の短冊3枚
5 牡丹に蝶・菊に盃・紅葉に鹿の3枚
6 牡丹・菊・紅葉の短冊3枚
7 藤に時鳥・菖蒲に八橋・萩に猪の3枚
8 藤・菖蒲・萩の短冊3枚

1・3・4・6・8 は日本の通常の花合わせにもある役である。また、日本でも地方によっては 2 に相当する「猪鹿雁(または猪鹿鳥・野荒らし)」、5 に相当する「菊鹿蝶」がある。

役のうち、3と4、5と6、7と8はそれぞれ同じ月の札の組み合わせになっている。

勝敗の決定

各人は札の点数の合計を加算する。出来役があれば、ほかのメンバーは役ひとつあたり50点を減ずる。

もっとも得点の多い人をその回の勝者とする。複数の人が同点になった場合は、親から反時計回りに数えて番号の若い者の勝ちとする。




  1. ^ Intergenerational Hanafuda Tournament (Hawaii News Now 2011年7月15日記事) に「Playing hanafuda is a dying tradition in Hawaii and a lot of the most avid players have past on or are too old and the young ones don't know hanafuda.」とある
  2. ^ Hanafuda Hawaii Style では6人までとする
  3. ^ Hanafuda Rulesおよび桜 Sakuraに簡単な記述あり


「さくら (花札)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「さくら (花札)」の関連用語

さくら (花札)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



さくら (花札)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのさくら (花札) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS