くいしん坊!万才 くいしん坊!万才の概要

くいしん坊!万才

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/13 02:34 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
くいしん坊!万才
ジャンル 料理番組 / ミニ番組
出演者 松岡修造
製作
プロデューサー 前夷久志(共同テレビ[1]
制作 フジテレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1974年10月2日 - 現在
放送時間 日曜 11:45 - 11:50
放送分 5分
回数 6100
公式サイト
くいしん坊!万才SP
出演者 松岡修造
高島彩
歴代レポーター
放送期間 2015年8月22日
放送時間 土曜 9:55 - 10:55
放送枠 チャンネルα#チャンネルΣ
放送分 60分
回数 1

特記事項:
1.放送回数は現在フジテレビ公式サイトで開始時期とする1975年6月から2015年5月11日放送分まで。[2]
2.放送時間は、2018年10月現在のもの。

概要

1974年10月2日に放送を開始(フジテレビ公式サイトでは、リポーターが固定化された1975年6月としている[4])。キッコーマン一社提供番組(一時、ACジャパンのCMに差し替えたり、キッコーマンの提供クレジットを自粛した時期もある)で、毎回日本各地の名物料理を食べ歩く。国内のみならず、海外でのロケを行う場合もある。

当初は火曜と金曜を除く週5日間の帯(21:54 - 22:00枠)で放送されていたが、1983年10月以降は週4日間の帯に減少し、1999年4月から2018年9月まで月曜のみの放送となっていたが、2018年10月からは日曜のみ放送となり、現在に至っている。

毎年正月の時期には歴代くいしん坊が集まり、全国ネットスペシャルが放送される(各局ローカル別の複数社スポンサーとなるが、もちろんキッコーマンも提供スポンサーに含まれている)。

スタート当初はフィルムによるロケーション撮影だったが、技術の変遷で竜崎勝時代にはVTR撮影に変わった。

「○○○○のくいしん坊!万才」のタイトルコールは、宍戸錠時代から本人がコールするようになった。

テーマ曲(愛場俊彦作曲)は、村野武範時代以降はくいしん坊交代ごとにアレンジされている。ただし、辰巳琢郎時代のオープニングは、テーマ曲が変更となりアニメーションも辰巳の顔部分だけ実写だった。山下真司起用後はテーマ曲・アニメとも元のスタイルに戻された。

ちなみに、放送開始以来スポンサーを務めるキッコーマンの子会社・キッコーマンデリカ総菜弁当店に「できたて惣菜 くいしん坊 万才!」がある。

FNS番組対抗NG名珍場面大賞』では、当時(1986年 - 1999年)の司会・愛川欽也が「期待枠」として目を掛けていた。

2015年8月22日、放送40周年を記念した番組初の1時間の拡大版の特別番組『くいしん坊!万才 放送40周年スペシャル歴代くいしん坊が厳選!世界に広めたい日本食(仮)』(関東ローカル放送)が放送[5]。司会は現在のレポーターの松岡と二代目レポーター竜崎の娘でもある高島彩が担当し、歴代のレポーターが出演[6]

2018年9月8日9日の『FNS27時間テレビ にほん人は何を食べてきたのか?』にて初の本番組の特別編が放送された[7]

2018年10月より日曜昼前(11:45 - 11:50枠)の放送に移行、放送開始45年目にして初のノンプライム放送となる。

放送曜日

期間 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日 備考
1974年(昭和49年)10月
- 1981年(昭和56年)3月
週5回[8]
1981年(昭和56年)4月
- 1983年(昭和58年)9月
週5回[9]
1983年(昭和58年)10月
- 1984年(昭和59年)9月
週4回[10]
1984年(昭和59年)10月
- 1999年(平成11年)3月
週4回[11]
1999年(平成11年)4月
- 2018年(平成30年)9月
週1回
2018年(平成30年)10月
-
週1回[12]

歴代のリポーター

  • 1974年10月2日から1975年1月5日放送分までは、各界の著名人(俳優・落語家・漫画家・力士など)が日替わりでリポーターを務めていた。
    • 当時の新聞の記載によると、初回のリポーターは『正蔵』(当時、8代目林家正蔵を襲名していた林家彦六と考えられる)であった。
  • 1975年1月6日から6月22日放送分までは、各界の著名人が週替わりでリポーターを務めていた。
  • 1975年6月23日放送分以降、リポーターが固定化される。フジテレビ公式ではこの段階を放送開始としている。
  • リポーターは固定化以降、主に2~3年おきに次代に交代し、早いと川津のようにほぼ1年で降板ということもあったが、当代(11代目)の松岡に代わってからは19年以上交代が無く、歴代出演者とは出演期間が大きく離れている。ただし、松岡の出演開始時点では既に週1回放送になっていた事もあり、3代目の友竹が3年間の出演で保持していた歴代最多出演回数を塗り替えるまでに、その約5倍にあたる16年強の歳月を費やしている。
  1. 渡辺文雄:1975年6月23日 - 1977年7月3日、515回。
  2. 竜崎勝:1977年7月4日 - 1978年12月31日、390回。
  3. 友竹正則:1979年1月1日 - 1981年12月31日、794回。
  4. 宍戸錠:1982年1月1日 - 1983年12月30日、509回。
  5. 川津祐介:1984年1月4日 - 1984年12月30日、228回。
  6. 梅宮辰夫:1985年1月6日 - 1987年12月30日、623回。
  7. 村野武範:1988年1月3日 - 1990年12月30日、617回。
  8. 辰巳琢郎:1991年1月6日 - 1993年12月29日、606回。
  9. 山下真司:1994年1月4日 - 1997年12月30日、782回。
  10. 宍戸開:1998年1月4日 - 1999年12月27日、284回。
  11. 松岡修造:2000年1月10日 - 現在、957回。



  1. ^ 松岡修造のくいしん坊!万才 〜 松岡修造のくいしん坊!万才 〜 番組制作 情報”. 共同テレビジョン. 2018年9月18日閲覧。
  2. ^ 放送回数は公式サイトのバックナンバーに記載。
  3. ^ 但馬オサム「うしおそうじ&ピープロダクション年表」、『別冊映画秘宝 特撮秘宝』vol.3、洋泉社、2016年3月13日、 pp.102-109、 ISBN 978-4-8003-0865-8
  4. ^ くいしん坊!万才公式サイト・初代食いしん坊
  5. ^ 放送枠は9:55 - 10:55で、『チャンネルΣ』の第1部で放送(第2部は「2015年ワールドカップバレーボール」関連番組)。
  6. ^ 高島彩、父・竜崎勝さんの名場面に感激「うれしい」 『くいしん坊!万才 放送40周年SP』放送”. ORICON (2015年7月16日). 2015年7月16日閲覧。
  7. ^ 『FNS27時間テレビ にほん人は何を食べてきたのか?』公式サイト
  8. ^ 火曜は『ミュージックフェア』、金曜は『ゴールデン洋画劇場』が、それぞれ放送されているため設置せず。
  9. ^ 『ゴールデン洋画劇場』が金曜から土曜に移動したため、土曜放送を廃止し、入れ替わって金曜放送を開始。なお1981年10月から火曜21:00には1時間番組『なるほど!ザ・ワールド』を開始したが、当番組は設置せず、別のミニ番組『ニューフェイス'81』を編成した。
  10. ^ 時代劇スペシャル』が金曜から木曜に移動したため、
  11. ^ 金曜女のドラマスペシャル』編成に伴い、金曜放送を廃止。入れ替わって火曜放送を開始。
  12. ^ 44年間月曜のゴールデンタイムでの放送を終了し、日曜11:45 - 11:50枠に移動。なお、日曜放送は19年半ぶりとなる。
  13. ^ アメリカ合衆国での放送分でも、キッコーマンがスポンサーとなっている。
  14. ^ 現在のCX金曜22時台ミニ番組と同じ。
  15. ^ 北國新聞 1990年2月4日付朝刊テレビ欄
  16. ^ 北國新聞 1994年5月30日付朝刊テレビ欄
  17. ^ KTSの1992年10月当時の19時台は、月曜日に『志村けんのだいじょうぶだぁ』、木曜日に『クイズ!年の差なんて』、土曜日に『大相似形テレビ』がネットされていた。


「くいしん坊!万才」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「くいしん坊!万才」の関連用語

くいしん坊!万才のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



くいしん坊!万才のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのくいしん坊!万才 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS