おじょママ!F おじょママ!Fの概要

おじょママ!F

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/03 09:50 UTC 版)

当項目では、当番組の前身となる『モモコ×菜摘×よし子おじょママ!!』と『モモコ×菜摘×よし子おじょママ!P』についても触れる。

概要

司会は、漫才コンビ・ハイヒールハイヒールモモコダウンタウン浜田雅功の妻でタレント小川菜摘女性お笑いコンビピンクの電話清水よし子の3人。番組は、20~40代の主婦を対象とした内容で、視聴者がモモコ、小川、清水の3人の携帯電話メールに質問・意見などを寄せて、番組内で紹介するというもの。関西テレビのみライオンの1社提供であったが、末期はしていなかった。

2001年10月、関西テレビとフジテレビの共同制作で全国放送された『しらばかプラス』の関テレ側スタッフによって「モモコ×菜摘×よし子おじょママ!!」のタイトルで火曜日の19:29~19:54にスタート、2002年4月金曜日の19:29~19:57に枠移動。2004年10月3日から、日曜日の朝に放送枠移動、「おじょママ!P」としてリニューアルスタート。「P」の意味は、パワーアップ、プラチナ、パパのことを表した。

「おじょママ!!」時代は東京都世田谷区レモンスタジオでの収録であったが、「おじょママ!P」から大阪市北区扇町の関西テレビ本社スタジオでの公開収録に変わった。

番組で寄せられた意見を元に、2003年と2004年の2月に、近畿地方ローソンで「おじょママ弁当」というのも発売された。

2008年4月より13:57~14:53に移動し、新レギュラーに藤井隆田中直樹ココリコ)を加え、おじょママ!Fとなった。「F」とはファミリーのことを表す。 2009年3月29日で番組が終了する事がHP上で発表されている。

スタッフ

おじょママ!!

おじょママ!P

  • 構成:前田政二小林仁
  • ブレーン:小堂稔典、かつよしこ
  • TD (テクニカルディレクター) :中居龍紀(KTV)
  • カメラ:中川裕貴(KTV)
  • VE:山本謙吾(KTV)
  • 音声:永田誠(KTV)
  • 照明:吉岡誠
  • イラスト:入江和代
  • 美術プロデューサー:杉山茂光(KTV)
  • 美術進行:永田道徳
  • VTR編集:馬殿陽子(KTV)
  • CG:疋田花英
  • 編成:和田由美(KTV)
  • 広報:大村貴子(KTV)
  • ディレクター:文倉大志(KTV)、西川達也・西原久進(メディアプルポ)
  • プロデューサー:水戸徹(KTV)、貝津幸典(メディアプルポ)、村野裕亮・阪口知里(よしもとクリエイティブ・エージェンシー
  • 協力:フルネット、Step、ソフトバンクモバイル
  • 制作協力:吉本興業、メディアプルポ
  • 制作著作:関西テレビ

おじょママ!F

  • 構成:前田政二、小林仁、吉井三奈子、根宜利彰
  • ブレーン:小堂稔典、かつよしこ、徳田博丸、鈴木一史
  • TD (テクニカルディレクター) :鈴木智雄
  • カメラ:朝倉康博(KTV)
  • 音声:小野浩一(KTV)
  • 照明:金子宗央(KTV)
  • VTR編集:矢野数馬(KTV)
  • 音効:林智也
  • 美術プロデューサー:河真裕美(KTV)
  • セットデザイン:嶋田良一
  • 美術進行:永田道徳
  • 装置:大神良一
  • 装飾:萬浪隆史
  • 電飾:増本正寿
  • 美容:山本幸一
  • 衣裳:岡本忠治
  • イラスト:漫☆画太郎、入江和代、ひろぽん
  • スタイリスト:&masse、EYES、fij、有田真寿美、高橋毅、プランニングカンパニー柿本
  • メイク:MORE、ビーム
  • タイトル:広田真吾、小岩勝
  • CG:三好和也
  • 広報:和田由美(KTV)
  • ディレクター:文倉大志・東田元・高原礼子(KTV)、西原久進・加藤俊介(メディアプルポ)、片瀬伊久美
  • 演出:西川達也(メディアプルポ)
  • プロデューサー:水戸徹(KTV)、阪口知里(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
  • 協力:フルネット、Step、ソフトバンクモバイル
  • 技術協力:テレコープビデオスタッフ
  • 制作協力:吉本興業、メディアプルポ、バックアップメディアクラッチ.パワーステーションDevotion
  • 制作著作:関西テレビ

ネット局

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [1] 備考
2001年10月 - 2002年3月
2002年4月 - 2004年9月
2004年10月3日 - 2008年3月
2008年4月 - 2009年3月29日
火曜 19:29 - 19:54
金曜 19:29 - 19:57
日曜 9:30 - 10:00
土曜 13:57 - 14:53
関西テレビ 関西広域圏 製作局
2002年4月 - 2004年9月 金曜 19:29 - 19:57 東海テレビ 中京広域圏 同時ネット
2002年4月6日 - 不明 土曜 16:00 - 16:30 石川テレビ 石川県 [2]
不明 水曜 15:00 - 15:30[3] 長野放送 長野県
木曜 15:00 - 15:55[4] テレビ新広島 広島県

毎年1月2日のスペシャルは、通常は放送しない山陰中央テレビ三重テレビでも放送された。(逆に「快傑えみちゃんねる」の正月特番も東海テレビでも放送された。)


  1. ^ テレビ放送対象地域の出典: 放送分野の動向及び規制・制度(資料2)”. 政府規制等と競争政策に関する研究会通信・放送の融合の進展下における放送分野の競争政策の在り方. 公正取引委員会. p. 2 (2009年10月9日). 2018年2月17日閲覧。 基幹放送普及計画”. 郵政省告示第六百六十号 (1988年10月1日). 2018年2月17日閲覧。 地デジ放送局情報”. 一般社団法人デジタル放送推進協会. 2018年2月17日閲覧。
  2. ^ 出典:北國新聞 2002年4月6日付朝刊テレビ欄(40面)より。
  3. ^ 毎月第1、第2週のみ
  4. ^ 2008年10月時点。放送開始当初は16:00 - 16:55であった。


「おじょママ!F」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「おじょママ!F」の関連用語

おじょママ!Fのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



おじょママ!Fのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのおじょママ!F (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS