いじめ 原因

いじめ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/10 03:41 UTC 版)

原因

集団心理

フランスの精神科医ニコル・カトリーヌは「アイデンティティー(自己同一性・主体性)が確立していない10代の若者は集団への帰属意識が強い。集団から抜けたり集団のルールに従わない人間はスケープゴート(仲間外れ)にされる」としている[57]。スイスの心理療法士ヴァルター・ミンダーは、いじめとはグループ内に無意識のうちに成立した「暗黙の了解」に従わない者に対して行われるグループ現象としている。最大の問題は被害者にあるのではなく、グループの方である。いじめでの報道では、被害者の異質性に焦点が当てられることが多いが、実際にいじめられやすいのは、本当に異質な者ではなく、ごく普通の子が多いとしている[58]アルバート・バンデューラはこのような規範からの逸脱への制裁を名目とした攻撃行動をモデル化し「道徳不活性化」と呼んだ[59]

森口も内藤の理論をベースに独自の「スクールカースト」の概念を導入した。これはクラス内の序列のことで、人気や「空気を読む能力」の多寡により上下し、下位になるほどいじめられやすくなるという[25]。 また太田肇はいじめの加害者、被害者、傍観者のそれぞれが集団のなかで「承認されていたい」という意識に囚われているところに、いじめから抜け出せない原因があると指摘している[60]

安藤美華代もいじめの心理社会的要因の検討を行った結果、いじめを行う友達の影響、いじめの誘いを断る自己効力感、衝動性・攻撃性に対する自己コントロール、道徳観などが関連していることを明らかにした[61]

ストレッサー

いじめ加害の原因となるストレッサー(ストレス原因)で直接的・間接的に大きな要因をアンケートから探った日本の統計によると、直接的にも間接的にも最も影響力が大きいのは友人から学業・容姿・行動などを馬鹿にされた「友人ストレッサー」(36組中31組で第1位)であった[16]。次に影響力が大きかったストレッサーは学業・容姿・長所や短所などに関する「競争的価値観」(36組中2組で第1位、19組で第2位)で[16]、間接的な効果しかないにもかかわらず、その効果の大きさが伺える。そして、さまざまなストレッサーが「不機嫌怒りストレス」(36組中3組で第1位、11組で第2位)に影響を与え、いじめを発生させているという構図がある[16]

1986年の東京都教育委員会調査報告[62]によれば、いじめの原因は以下の結果となった。

  • 力の弱いもの、動作の鈍いものを面白半分に、33.6%。
  • 欲求不満の鬱憤晴らしとして、19.7%。
  • 生意気なもの、いい子ぶるものに対する反発・反感から、15.7%。
  • 自分たちと違う、なじめないなどの違和感から、14.8%。
  • 怒りや悲しみ、嫉妬から、10.7%。
  • 仲間に引き入れるため、6.7%。
  • 以前にいじめられたことの仕返し(いわゆる復讐)として、6.3%。
  • その他少数意見として「面白いから」、「ふざけて、冗談で」があった。

自己制御の欠如

シカゴ大学による脳のfMRIスキャンを使用した研究によると、人が他人の苦痛を目にすると、自身が苦痛を経験したときと同じ脳内領域が光るが、いじめっ子の場合扁桃体や腹側線条体(報酬や喜びに関係すると考えられている部位)によってそうでないものに比べ活発に活動することがわかったという。「いじめっ子は人の苦痛を見るのが好きだと考えられる。この考えが正しい場合、彼らは弱い者いじめをして他人を攻撃するたびに心理的な報酬を受け取り、反応の強化が進んでいることになる」「自己制御を欠いている点を処置する、あるいは埋め合わせる治療法を開発する必要があるだろう。いじめっ子が自己制御を欠いているのは事実だと考えているし、他人を傷付けるたびに心理的な報酬を受け取り、反応の強化が進む可能性がある」と同研究チームのベンジャミン・レイヒーは話す。[63]


注釈

  1. ^ 金欲しさに強盗するような場合、暴力は金を手に入れるという目的のための手段であるから、「戦略的」攻撃と言われる。
  2. ^ 仙台市私立高校生根性焼き事件では2012年8月6日、同校2年の男子生徒が、同級生からたばこの火を腕に押し付けられるなどの暴行を受けたとして、宮城県警仙台東警察署に被害届を提出、受理された[48]。生徒や母親によると、学校側と同級生はいじめの一部しか認めなかった上、「やけどの跡で他の生徒を動揺させた」として退学処分を宣告し、母親らの反論も一切受付なかったとしている[49]
  3. ^ いじめ、虐待などの教育問題を主に解決する弁護士スクールロイヤーを学校に配置などが行われている[138]

出典

  1. ^ Share of children who report being bullied, 2015Our World in Data(英語)
  2. ^ a b いじめの定義の変遷 - 文部科学省
  3. ^ a b 学校において生じる可能性がある犯罪行為等について文部科学省
  4. ^ 平成31年3月29日 いじめ問題への的確な対応に向けた警察との連携について (通知)文部科学省
  5. ^ 学校におけるいじめ問題への的確な対応について (通達)文部科学省
  6. ^ いじめ対策に係る事例集 (平成30年9月)文部科学省初等中等教育局児童生徒課
  7. ^ いじめの問題に対する施策文部科学省
  8. ^ いじめ、過去最多61万2,496件… – リセマム (ReseMom) - 教育業界ニュース › 文部科学省 › 記事
  9. ^ 令和元年度児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果文部科学省
  10. ^ 入江正洋「職場のパワーハラスメント : 現状と対応」『健康科学』第37巻、2015年、 23-35頁、 doi:10.15017/1515750NAID 120005607689
  11. ^ Results From the 2001 School Crime Supplement to the National Crime Victimization Survey: Statistical Analysis Report - NCES 2005-310
  12. ^ 小項目事典,知恵蔵,百科事典マイペディア,日本大百科全書(ニッポニカ), ブリタニカ国際大百科事典. “いじめとは”. コトバンク. 2021年2月19日閲覧。
  13. ^ たとえば、共同通信大阪社会部『大津中2いじめ自殺』PHP新書、2013年、83-85頁
  14. ^ このほかのいじめの定義については、武田さち子「もしかして、いじめ?」http://www.jca.apc.org/praca/takeda/step1.htm
  15. ^ a b 国立教育政策研究所生徒指導研究センター いじめ追跡調査2004-2006
  16. ^ a b c d e f g h i j k l 国立教育政策研究所生徒指導研究センター いじめ追跡調査2007-2009
  17. ^ 共同通信大阪社会部 『大津中2いじめ自殺』〈PHP新書857〉2013年、147頁。ISBN 9784569812229 
  18. ^ a b c 7: A Deeper Look at Efforts to Eradicate Bullying and Other Harmful Behavior - Week 1: Motivation, Stress, and Character Change” (日本語). Coursera. 2022年6月5日閲覧。
  19. ^ 内藤朝雄『いじめの構造』講談社現代新書1984、2009年、49-52頁
  20. ^ 2001年『いじめの社会理論』
  21. ^ 内藤朝雄『いじめの構造』講談社現代新書1984、2009年、49-52頁
  22. ^ a b いじめの定義:文部科学省 http://www.mext.go.jp/ijime/detail/1336269.htm
  23. ^ 児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査
  24. ^ 藤田英典『教育改革―共生時代の学校づくり』岩波書店、1997年、211-214頁。ISBN 978-4004305118
  25. ^ a b 森口朗『いじめの構造』新潮社、2007年、100頁。ISBN 978-4106102196
  26. ^ 松村明(監修)小学館国語辞典編集部(編)『大辞泉』小学館。
  27. ^ a b c d e f g h i j 平成20年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について公表資料
  28. ^ 小谷隆真、2005年3月7日読売新聞
  29. ^ a b c 文部科学省 児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査(いじめ)
  30. ^ 文部科学省 児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査(中途退学)
  31. ^ 「バイクで青森へ」と強要され事故 国立大生が賠償提訴 朝日新聞
  32. ^ いじめ:大学先輩に慰謝料求める…近畿の国立大生が提訴 毎日新聞
  33. ^ 「いじめで統合失調症に」 広島市などに賠償命令
  34. ^ 大学が「いじめ自殺」を隠蔽 「息子に会いに…」父も後追い自殺”. 産経ニュース. p. 2. 2021年7月20日閲覧。
  35. ^ 平成19年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について公表資料
  36. ^ a b 佐々淳行『連合赤軍「あさま山荘」事件』 p181-p183 文春文庫
  37. ^ a b 1996年2月2日付産経新聞東京夕刊
  38. ^ 内藤みか『たたかえ! てんぱりママ モンスターティーチャーとのあれれな日々』亜紀書房2012年ISBN 4750512117
  39. ^ 豊田充『「葬式ごっこ」八年目の証言』風雅書房、1994年
  40. ^ SOS:中3自殺 LINEに「死ぬ準備」「さようなら」 毎日新聞 2014年5月27日
  41. ^ 長崎・中3自殺:「いじめ原因、なぜ認めぬ」 毎日新聞 2014年5月28日
  42. ^ 小1男児、トイレに連れられ児童8人から殴られ蹴られる…学校側は保護者に「ポピュラーな遊び」 読売新聞 2022年3月14日
  43. ^ 重大いじめ14件、首長へ報告せず…教委判断で 読売新聞 2016年3月8日
  44. ^ いじめ調査、やり直しで3万件増 地域格差は最大30倍
  45. ^ a b c 加藤弘通, 太田正義, 水野君平,「いじめ被害の実態と教師への援助要請 : 通常学級と特別支援学級の双方に注目して」『子ども発達臨床研究』8巻 2016年 p.1-12, 北海道大学教育学研究院附属子ども発達臨床研究センター
  46. ^ 平成23年版 情報通信白書
  47. ^ a b “Schools monitoring online bullying with slang translation software” (英語). The Guardian. (2014年1月25日). http://www.theguardian.com/education/2014/jan/25/schools-monitoring-online-bullying-student-slang-translation-software 2014年3月21日閲覧。 
  48. ^ “いじめ:「根性焼き強制」と高2男子が被害届 仙台”. 時事ドットコム. (2012年8月6日). http://mainichi.jp/select/news/20120807k0000m040093000c.html 
  49. ^ “いじめ:「根性焼き強制」と高2男子が被害届 仙台”. 毎日jp. (2012年8月7日). http://mainichi.jp/select/news/20120807k0000m040093000c.html 
  50. ^ 第154回いじめ問題への法的対応弁護士法人東町法律事務所
  51. ^ 逮捕監禁罪”. コトバンク. 2018年1月23日閲覧。
  52. ^ 中学校のいじめに警察は関与できる?”. LEGAL FRONTIER 21 Co., Ltd.. 2018年1月26日閲覧。
  53. ^ 内藤&荻上 2010、40-43頁
  54. ^ 小笠原通子「女の子って裏攻撃が大得意!?――いじめと「男らしさ/女らしさ」」『いじめの直し方』64-65頁。
  55. ^ a b 土井隆義 「フラット化するコミュニケーション」『コミュニケーションの社会学』 有斐閣、2009年、280-281頁。ISBN 978-4641123922
  56. ^ 内藤&荻上 2010、17-19頁
  57. ^ a b レジス・アルノー (2010年10月2日). “「お国柄」では済まされないいじめ問題の根の深さ”. ニューズウィーク. http://www.newsweekjapan.jp/column/tokyoeye/2012/10/post-558.php 2014年2月15日閲覧。 
  58. ^ a b c “スイスの学校でのいじめ、なぜいじめは起こるのか?そして対策は?”. International Business Times. スイス放送協会. (2014年3月10日). http://jp.ibtimes.com/articles/55378/20140311/1394524829.htm 2014年3月20日閲覧。 
  59. ^ 中野信子、澤田匡人『正しい恨みの晴らし方:科学で読み解くネガティブ感情』<ポプラ新書> ポプラ社 2015年 ISBN 9784591144220 pp.113-117.
  60. ^ 太田肇『「承認欲求」の呪縛』新潮社、2019年、92-94頁。ISBN 4106108003
  61. ^ 2007年『中学生における問題行動の要因と心理的介入』
  62. ^ 東京都教育委員会調査報告 江川文成 「いじめから学ぶ」、大日本図書株式会社、1986年、p35。いじめの現状・原因からの重引。
  63. ^ ナショナルジオグラフィック ニュース:人の災難を喜ぶいじめっ子の脳
  64. ^ a b “いじめ問題 命を救うために”. スイス放送協会. (2016年3月30日). http://www.swissinfo.ch/jpn/%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E3%81%AF%E5%9C%B0%E7%8D%84_%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81%E5%95%8F%E9%A1%8C-%E8%87%AA%E6%AE%BA%E8%80%85%E3%82%92%E5%87%BA%E3%81%95%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AB/42053082 2017年1月4日閲覧。 
  65. ^ “自殺の小中高生「進路で悩み」1割、いじめは…”. 読売新聞. (2014年6月21日). http://www.yomiuri.co.jp/national/20140620-OYT1T50059.html 2014年6月21日閲覧。 
  66. ^ “子どもの幸福度 日本は先進31カ国中6位”. フジニュースネットワーク. (2013年12月25日). http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00260286.html 2014年1月5日閲覧。 
  67. ^ ユニセフ・イノチェンティ研究所 最新報告書発表 『先進国における子どもの幸福度-日本との比較 特別編集版』”. 日本ユニセフ協会 (2013年12月25日). 2014年3月8日閲覧。
  68. ^ a b 先進国における子どもの幸福度 日本との比較 特別編集版(PDF) - 日本ユニセフ協会
  69. ^ “いじめ54万件、不登校16万人で過去最多 昨年度調査:朝日新聞デジタル”. (2019年9月27日). https://www.asahi.com/articles/ASMBK5CJPMBKUTIL03H.html 
  70. ^ “小中高の82.6%でいじめ 昨年度61万件、最多更新 自殺317人:朝日新聞デジタル”. (2020年10月23日). https://www.asahi.com/articles/DA3S14668211.html 
  71. ^ a b 米国も「校内いじめ」が深刻化、被害者女子高生がバスに飛び込み自殺”. 東亜日報. 2012年1月5日閲覧。
  72. ^ PEGGY DREXLER (2013年3月6日). “女王蜂症候群―後輩女性のキャリア支援せず妨害する女性上司”. ウォール・ストリート・ジャーナル. http://jp.wsj.com/articles/SB10001424127887323994204578343154153008558 2014年10月28日閲覧。 
  73. ^ “オハイオの高校銃乱射事件、「いじめが原因ではない」 米検察”. AFPBB. (2012年2月29日). http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2861577/8565913 2012年3月4日閲覧。 
  74. ^ “いじめが原因?オハイオ銃乱射、17歳少年逮捕”. 読売新聞. (2012年2月28日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120228-OYT1T00549.htm 2012年3月4日閲覧。 
  75. ^ 同級生射殺ごっこで逮捕 米
  76. ^ Student arrested for using phone app to “shoot” classmates
  77. ^ リンジー・ローハン、トーク番組に涙...高校時代いじめられた過去をツイート告白”. Fabloid[ファブロイド]. 2012年10月4日閲覧。
  78. ^ “米プロスポーツ界で表面化した「いじめ問題」。自由でおおらかは勘違い?”. SPA!. (2013年11月23日). http://nikkan-spa.jp/542938 2014年3月4日閲覧。 
  79. ^ レディー・ガガ 「いじめは法律で禁じるべき」”. MTV JAPAN. 2011年9月24日閲覧。
  80. ^ 米国で横行するアジア系いじめ、うつや自殺も突出”. CNN. 2012年1月18日閲覧。
  81. ^ “「台湾の誇り」に差別的表現、人権団体が非難 NBAの新星”. 産経新聞. (2012年2月21日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/120221/amr12022119030004-n1.htm 
  82. ^ 自殺した中国系兵士へのいじめで上官ら8人訴追、米陸軍”. CNN. 2012年1月16日閲覧。
  83. ^ “米キリスト教系大学銃乱射事件、韓国系の男を殺人罪などで起訴”. AFPBB News. (2012年4月5日). http://www.afpbb.com/articles/-/2869581 2014年2月16日閲覧。 
  84. ^ “動画でネットいじめ告白し自殺、15歳少女めぐり国民的議論 カナダ”. AFPBB News. (2012年10月19日). http://www.afpbb.com/articles/-/2907905 2014年3月8日閲覧。 
  85. ^ “カナダ人少女がユーチューブでいじめ告白、自殺”. CNN. (2012年10月13日). http://www.cnn.co.jp/world/35023021.html 2014年3月8日閲覧。 
  86. ^ “カナダ 深刻化するネットいじめ”. NHK. (2013年12月12日). http://www.nhk.or.jp/worldwave/marugoto/2013/12/1210.html 2014年3月8日閲覧。 
  87. ^ “ネットいじめで自殺 17歳の少女に何が”. NHK海外ネットワーク. (2013年11月17日). http://www.nhk.or.jp/worldnet/archives/year/detail20131117_402.html 2014年4月6日閲覧。 
  88. ^ 'Seven in 10' bullied at school - BBC NEWS 2006年11月6日
  89. ^ Anthea Lipsett (2008年2月29日). “UK schools worst in Europe for bullying” (英語). The Guardian. http://www.theguardian.com/education/2008/feb/29/schools.uk4 2014年2月15日閲覧。 
  90. ^ イギリス労働組合会議(TUC)の調査。Three and a half million bullied in job - Trades Union Congress 2008年9月4日
  91. ^ “Ex-soldier sues Ministry of Defence for alleged failure to tackle bullying” (英語). The Guardian. (2014年2月8日). http://www.theguardian.com/uk-news/2014/feb/08/soldier-sues-ministry-defence-bullying-army 2014年3月21日閲覧。 
  92. ^ “Bullying on rise in armed forces, MoD figures reveal” (英語). The Guardian. (2014年2月1日). http://www.theguardian.com/uk-news/2014/feb/01/bullying-on-rise-armed-forces 2014年3月21日閲覧。 
  93. ^ “Independent watchdog to tackle abuse and bullying within armed forces” (英語). The Guardian. (2014年3月13日). http://www.theguardian.com/uk-news/2014/mar/13/independent-watchdog-abuse-bullying-armed-forces 2014年3月21日閲覧。 
  94. ^ ドイツの学校におけるいじめの問題とスクールカウンセラーの取り組み : 比較教育的見地から 伊藤賀永関東学院大学教授
  95. ^ Langenscheidts Handwörterbuch Englisch. Berlin u. a.O. 1988, Lemma bully.
  96. ^ サンドラ・ヘフェリン. “日独ハーフの視点 33 ハーフがあうイジメ「チン・チャン・チョン問題」”. YG IN JAPAN (株式会社クララオンライン). http://www.young-germany.jp/article_667 2014年3月21日閲覧。 
  97. ^ 豪小学校のイジメ、世界でも最悪水準 - NICHIGO ONLINE 2008年12月14日
  98. ^ “Study highlights bullying in schools” (英語). The Australian. (2012年3月30日). http://www.theaustralian.com.au/news/latest-news/study-highlights-bullying-in-schools/story-fn3dxity-1226373757189 2014年3月21日閲覧。 
  99. ^ Petra Starke; Jessica Marszalek (2012年3月30日). “Sexual abuse, gore, racism, bullying rampant on Australian school Facebook pages” (英語). The Australian. http://www.theaustralian.com.au/news/sexual-abuse-gore-racism-bullying-rampant-on-australian-school-facebook-pages/story-e6frg6n6-1226514669372 2014年3月21日閲覧。 
  100. ^ Bruce McDougall (2009年9月15日). “Bullying rife in teacher staff rooms school yards” (英語). The Australian. http://www.theaustralian.com.au/news/bullying-rife-in-teacher-staff-rooms-school-yards/story-e6frg6n6-1225773102012 2014年3月21日閲覧。 
  101. ^ “Bullying rife in Australian schools” (英語). The Australian. (2009年6月1日). http://www.theaustralian.com.au/news/latest-news/bullying-rife-in-australian-schools/story-fn3dxity-1225719080789 2014年3月21日閲覧。 
  102. ^ “オーストラリア五輪選手に新規制、「酩酊したらダメ」”. AFPBB News. (2013年11月19日). http://www.afpbb.com/articles/-/3003538 2014年3月8日閲覧。 
  103. ^ ニュージーランドでのいじめ発生率は世界で最悪レベル”. ニュージーランド総合情報. 2009年3月17日閲覧。
  104. ^ NZの学校で「いじめ」受けるアジア系生徒 - 日刊ベリタ 2003年4月7日
  105. ^ Schoolboy avoids death after assault - National - NZ Herald News 2009年7月5日
  106. ^ 我が子がいじめられたら…オランダの場合”. カオル・フリードリヒス. 2010年10月14日閲覧。
  107. ^ “6人にひとりがいじめにあっている”. Portfolio.nl. (2005年6月28日). http://www.portfolio.nl/article/show/583 2014年3月8日閲覧。 
  108. ^ “オランダ、学校でのいじめ問題取り組みを義務化”. Portfolio.nl. (2013年3月25日). http://www.portfolio.nl/article/show/5213 2014年2月15日閲覧。 
  109. ^ “アムステルダムの学校での少年刺殺事件は、いじめから”. Portfolio.nl. (2007年10月26日). http://www.portfolio.nl/article/show/1742 2014年2月15日閲覧。 
  110. ^ “自殺が増加 背景に失業率上昇 : ボンジュール!パリからの健康便り”. 読売新聞. (2013年9月26日). http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=85309 2014年2月15日閲覧。 
  111. ^ “ベルギー、2人のティーンエージャーが学校で自殺”. ポートフォリオ・ベルギーニュース. (2008年5月24日). http://www.portfolio.nl/article/show/2095 2014年2月15日閲覧。 
  112. ^ “ベルギー、8人に1人が職場でのいじめに”. ポートフォリオ・ベルギーニュース. (2010年11月24日). http://www.portfolio.nl/article/show/3863 2014年2月15日閲覧。 
  113. ^ 大使のよもやま話第42回 子供の幸福度で日本は6位、ベルギーは10位”. 在ベルギー日本大使館 (2014年2月3日). 2014年3月8日閲覧。
  114. ^ “いじめの解決方法 子どもたちが自分たちで見つけた”. スイス放送協会. (2017年1月3日). http://www.swissinfo.ch/jpn/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97--_%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81%E3%81%AE%E8%A7%A3%E6%B1%BA%E6%96%B9%E6%B3%95-%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%8C%E8%87%AA%E5%88%86%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%A7%E8%A6%8B%E3%81%A4%E3%81%91%E3%81%9F/42806898 2017年1月4日閲覧。 
  115. ^ 木村汎、名越健朗、布施裕之共著『「新冷戦」の序曲か』北星堂書店、2008年12月16日。ISBN 9784590012452
  116. ^ “ペイヨン教育相、学校のいじめ問題に取り組む”. フランスニュースダイジェスト. (2004年9月21日). http://www.newsdigest.fr/newsfr/actualites/pick-up/6116-a-new-campaign-against-cyber-harassment-at-school.html 2014年2月15日閲覧。 
  117. ^ “出口なき教室 ~フランス いじめの被害~”. NHK. (2013年8月23日). http://www.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/130828.html 2014年7月19日閲覧。 
  118. ^ “フランス政府が学校でのいじめに厳罰、最高10年の禁固刑”. https://forbesjapan.com/articles/detail/44698 2021年1月6日閲覧。 
  119. ^ ロイック・ルルージュ. “<開催報告>各国報告2:労働政策フォーラム(2013年2月28日)「欧州諸国における職場のいじめ・嫌がらせの現状と取り組み」”. 労働政策研究・研修機構. 2014年4月20日閲覧。
  120. ^ 末岡洋子 (2009年10月4日). “欧州から眺めるITトレンド (34) 1年半で自殺者24人、フランステレコムの事件が問いかけるもの”. マイナビニュース. http://news.mynavi.jp/column/eutrend/034/ 2014年4月20日閲覧。 
  121. ^ “4%が学校でいじめ被害”. spain-ya. (2004年9月21日). http://www.spain-ya.com/Pages/nt041004.htm 2014年2月15日閲覧。 
  122. ^ 日韓比較文化:日本のイジメ、韓国のワンタ - 河信基の深読み
  123. ^ 韓国海兵隊の同僚射殺事件/いじめ体質 浮き彫り/6年前も銃乱射 「軍の悪習」指摘 - 赤旗 2011年7月8日
  124. ^ 韓国海兵隊の銃乱射 いじめが原因か 産経新聞 - 2011年7月6日
  125. ^ 海兵隊兵士が首つり自殺 乱射事件と同じ師団 韓国軍、いじめの有無調査 - 産経新聞 2011年7月8日
  126. ^ “死線を超えて辿りついた韓国、迎えたのは「蔑視」と「いじめ」”. 東亜日報. (2012年3月5日). http://japan.donga.com/srv/service.php3?bicode=040000&biid=2012030588678 
  127. ^ 韓国で2011年末、いじめを苦に中高生が連続自殺”. 日経ビジネスオンライン. 2012年1月16日閲覧。
  128. ^ 李明博大統領の新年国政演説(全文)”. 民団新聞. 2012年1月18日閲覧。
  129. ^ a b “韓国で「いじめ保険」発売へ”. AFPBB News. (2014年2月6日). http://www.afpbb.com/articles/-/3007876 2014年3月8日閲覧。 
  130. ^ “職場でのいじめ常態化 会社員66%が被害=韓国”. 聯合ニュース. (2018年3月3日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2018/03/02/0200000000AJP20180302002800882.HTML 2018年3月3日閲覧。 
  131. ^ APA PsycNet” (英語). psycnet.apa.org. 2022年6月5日閲覧。
  132. ^ Brehm, Sharon S.; Brehm, Jack W. (2013-10-02) (英語). Psychological Reactance: A Theory of Freedom and Control. Academic Press. ISBN 978-1-4832-6489-9. https://books.google.pt/books?hl=ja&lr=lang_ja%7Clang_en&id=6ZxGBQAAQBAJ&oi=fnd&pg=PP1&dq=Reactance&ots=lbJbJjWK43&sig=jI0bbpwpprvhJAJZ6FWMFf5DcSI&redir_esc=y#v=onepage&q=Reactance&f=false 
  133. ^ Uncommon Sense Teaching: Part 2, Building Community and Habits of Learning” (日本語). Coursera. 2022年6月5日閲覧。
  134. ^ 「24時間子供SOSダイヤル」について:文部科学省”. www.mext.go.jp. 2022年6月13日閲覧。
  135. ^ 大阪)チラシがはがきに いじめ情報を毎月募る 寝屋川:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル (2020年2月2日). 2022年7月30日閲覧。
  136. ^ ゆううつな君へ:新学期/上 いじめ報告サイト うきわネットワーク(その2止) 思い吐き出せば伝わる” (日本語). 毎日新聞. 2022年7月30日閲覧。
  137. ^ 柏市. “いじめを匿名で相談・報告できるアプリ「STANDBY(スタンドバイ)」について” (日本語). 柏市. 2022年7月30日閲覧。
  138. ^ スクール弁護士を配置へ いじめ、虐待に専門対応(日本経済新聞 2019/9/23)
  139. ^ 2007年刊の『〈いじめ学〉の時代』
  140. ^ PhD, Jacqueline Sperling (2021年7月7日). “Supporting a bullied child” (英語). Harvard Health. 2021年7月8日閲覧。
  141. ^ Olweus program
  142. ^ 伊藤文一、柴田悦子 (2017).「「いじめ防止プログラム」導入に向けて(1): ダン・オルヴェウスいじめ防止プログラム(ノルウェー)をもとに 福岡女学院学術大学紀要 2017年 27巻, p.129-162.
  143. ^ http://www.kivaprogram.net/
  144. ^ a b 北川裕子、小塩靖崇、股村美里、佐々木司・東郷史治 (2013). 学校におけるいじめ対策教育 -フィンランドのKiVaに注目して-. 不安障がい研究 2013年 5巻 1号 p.31-38, doi:10.14389/adr.5.31
  145. ^ 大坪治彦 (2018). 北ヨーロッパのいじめ対策に学ぶ : ノルウェーはいかにしていじめを無くすことができているのか. 鹿児島大学教育学部教育実践研究紀要, 27, 249-256.
  146. ^ 四辻伸吾 (2017). 日本の「いじめ予防・防止プログラム」の実践研究に関する文献展望. 名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要, 64, 99-109., NAID 120006463546, doi:10.18999/nupsych.64.1.8
  147. ^ 松尾 直博 (2002). 学校における暴力・いじめ防止プログラムの動向 学校・学級単位での取り組み. 教育心理学研究] 教育心理学研究 2002年 50巻 4号 p.487-499, doi:10.5926/jjep1953.50.4_487
  148. ^ a b 阿部皎「いじめの早期発見・早期対応の生徒指導と教師の資質」『明治大学教育会紀要』第5号、明治大学資格課程事務室、2013年3月、 125-130頁、 NAID 120006329826
  149. ^ 須藤康介「いじめと学力 ─ TIMSS2011 中学生データの計量分析から ─」、 NAID 120005459809
  150. ^ 本庄勝, 田上敦士, 橋本真幸, 黒川雅幸, 三島浩路, 吉田俊和, 長谷川亨「中高生向けソーシャルメディアにおける人間関係推定方式に関する一考察」2013-GN-87第15号、2013年3月。
  151. ^ 小西貞之、大道及里江, 小山健蔵, 「いじめの早期発見・早期対応に関する研究 -中学生の学校生活アンケートを中心に-」『学校危機とメンタルケア』 3巻 p.33-43, 2011年, NAID 120003460086, ISSN 1883-745X
  152. ^ Wright, R. J. (2012). Introduction to School Counseling. SAGE Publications, p90.
  153. ^ a b 中山万里子「いじめ経験およびいじめ対策への意識に関する調査 : 学生アンケートより」『白鷗大学教育学部論集』第7巻第1号、白鷗大学教育学部、2013年5月、 143-188頁、 ISSN 1882-4145NAID 110009591550
  154. ^ 吉田雅巳「サイバーブリングとネット上いじめ問題」『千葉大学教育学部研究紀要』第57巻、千葉大学教育学部、2009年3月、 1-8頁、 ISSN 13482084NAID 120005929313
  155. ^ 大谷哲弘, 山本奬「いじめの予兆をとらえる視点 : 大学生から自由記述により収集した項目の分類」『岩手大学大学院教育学研究科研究年報』第2号、岩手大学大学院教育学研究科、2018年3月、 85-94頁、 ISSN 2432-924XNAID 120006457624
  156. ^ ピーター・K・スミス 葛西真記子、金綱知征(監訳) (2016).学校におけるいじめ -国際的に見たその特徴と取組への戦略-.学事出版,87-88頁.
  157. ^ “学校内に防犯カメラ4万7000台、生徒のプライバシーに懸念 英国”. AFPBB News. (2012年9月18日). http://www.afpbb.com/articles/-/2901673 2014年2月15日閲覧。 
  158. ^ 平成14年11月「学校施設の安全管理に関する調査研究協力者会議
  159. ^ 藤美華代. 児童生徒のいじめ・うつを予防する心理教育" サクセスフル・セルフ". Okayama Daigaku Shuppankai, 2015.
  160. ^ ピンクの服を着て「いじめをなくそう」-男子学生2人の行動が全国へ”. バンクーバー経済新聞(日本語版) 2008年03月01日号. 2012年7月15日閲覧。
  161. ^ 2月25日は「いじめ反対の日」-ピンクのシャツを着て防止呼び掛け”. バンクーバー経済新聞(日本語版) 2009年02月25日号. 2012年7月15日閲覧。
  162. ^ いじめ反対「ピンク・シャツ・デー」-五輪期間避け4月14日に開催”. バンクーバー経済新聞(日本語版) 2010年04月14日号. 2012年7月15日閲覧。
  163. ^ 2月23日は「ピンクシャツ・デー」-いじめ防止を学校や職場で呼びかけ”. バンクーバー経済新聞(日本語版) 2011年02月24日号. 2012年7月15日閲覧。
  164. ^ リッチモンドで小学生ら500人以上がフラッシュモブ-「ピンクシャツ・デー」認知狙う”. バンクーバー経済新聞(日本語版) 2012年02月29日号. 2012年7月15日閲覧。
  165. ^ 等々力で「いじめ」「学校」がテーマの朗読会-ピンクシャツ・デーにちなみ”. 自由が経経済新聞 2012年02月27日号. 2012年7月15日閲覧。
  166. ^ 水野君平, 加藤弘通, 太田正義「小学生のスクールカースト、グループの所属、教師との接触といじめ被害の関連」『心理科学』第38巻第1号、心理科学研究会、2017年、 63-73頁、 doi:10.20789/jraps.38.1_63
  167. ^ 有村 達之・早川 洋・野村 幸伸・久保 千春 (2006). “いじめを発症契機とする思春期うつ病に認知療法が有効であった1例”. 心身医学 46: 1002. 
  168. ^ 大津 成之・河合 啓介・稲田 政久・中尾 明子・権藤 元治・山田 祐・森田 千尋・瀧井 正人・久保 千春 (2008). “学校でのいじめを契機に発症した若年摂食障害の1例”. 心身医学 48: 821. 
  169. ^ いじめ加害者をどう罰するべきか”. ニューズウィーク日本語版 10月20日号. 2010年11月16日閲覧。
  170. ^ “iOS 9.1で150以上の絵文字が追加 「吹き出しに目」の深い意図”. iPhone Mania. (2015年10月22日). https://news.livedoor.com/article/detail/10740233/ 2018年1月8日閲覧。 





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

いじめのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



いじめのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのいじめ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS