あっとせぶんてぃーん 脚注

あっとせぶんてぃーん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/30 15:20 UTC 版)

脚注

[脚注の使い方]

関連項目

外部リンク


注釈

  1. ^ 同年2月に@ほぉ〜むカフェを運営するインフィニアの親会社となったスペースシャワーネットワークのプロデュース

出典

  1. ^ a b 【@ほぉ〜むカフェ発メイドユニット】『@17』がTOKYO IDOL FESTIVALに出演!”. PR TIMES (2016年6月24日). 2020年11月22日閲覧。
  2. ^ あっとせぶんてぃーんとは”. あっとせぶんてぃーん. 2020年11月22日閲覧。
  3. ^ a b かしま卒業のお知らせ”. あっとせぶんてぃーん (2020年8月10日). 2020年11月22日閲覧。
  4. ^ a b メンバーの契約解除について”. あっとせぶんてぃーん. 2020年11月22日閲覧。
  5. ^ らんする~!!とは?”. らんする~!!とは? - らんする~!! ~俺がアイドルになった理由(わけ)~ (2018年9月18日). 2020年11月22日閲覧。
  6. ^ あっとせぶんてぃーんオルタ 『Shining My Love』”. SPACE SHOWER MUSIC (2019年6月26日). 2020年11月22日閲覧。
  7. ^ LiNK-UP、メイドカフェ「@ほぉ~むカフェ」運営会社インフィニアの全株式を売却! 売却先はスペースシャワーネットワーク”. アキバ総研 (2017年2月26日). 2018年5月16日閲覧。
  8. ^ SPACE SHOWERがプロデュースする秋葉原「@ほぉ〜むカフェ」のメイドによるポップユニット「@17(あっとせぶんてぃーん)」がカジヒデキ&かせきさいだぁタッグによる新曲CDを発売!”. PR TIMES (2017年7月26日). 2018年5月16日閲覧。
  9. ^ “メイドカフェ発ポップユニット「@17」、メンバーが語る怒涛の初経験エピソード””. BARKS. (2017年9月13日). https://www.barks.jp/news/?id=1000146702 
  10. ^ a b @ほ~むカフェから生まれたガールズポップユニット「あっとせぶんてぃーん」の新番組がはじまります。”. ニッポン放送. 2018年5月15日閲覧。
  11. ^ “4thシングル「毎日がジェットコースター」公式Music Video”. YouTube. (2018年4月25日). https://www.youtube.com/watch?v=WauboHjeca4/ 
  12. ^ メイドカフェから飛び出した!!ポップユニットあっとせぶんてぃーん、ニューシングル「夏のカナリア」のMVと…”. SPACE SHOWER MUSIC. 2020年11月22日閲覧。
  13. ^ あっとせぶんてぃーん新メンバーオーディション期間延長のお知らせ! 平松可奈子さんに加え、TOKYO IDOL FESTIVALの総合プロデューサーが審査員チームに参加決定”. @17 (2019年2月13日). 2020年11月22日閲覧。
  14. ^ @ほぉ~むカフェ」現役メイドによるポップユニット・あっとせぶんてぃーんが、初の配信ライブを開催!”. ザテレビジョン (2020年6月5日). 2020年11月22日閲覧。
  15. ^ あっとせぶんてぃーんの新曲「ダンスフラミンゴ」がお聞きいただけるのは今ここだけです…”. あっとせぶんてぃーん公式Twitter (2020年11月21日). 2020年11月22日閲覧。
  16. ^ ムテキの笑顔”. ORICON NEWS. 2020年11月22日閲覧。


「あっとせぶんてぃーん」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「あっとせぶんてぃーん」の関連用語

あっとせぶんてぃーんのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



あっとせぶんてぃーんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのあっとせぶんてぃーん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS