オーバーラッピングとは

オーバーラッピングとは?正しいやり方や注意点を紹介!

5 min
ユーザー

ユーザー

英語学習に効果的なオーバーラッピングが気になる
正しいオーバーラッピングの方法って?

オーバーラッピングとは、スクリプトを見ながら流れてくる英語音声と同時に発音する練習方法です。

スピーキング力とリスニング力を鍛えられるため、実際に英語でコミュニケーションをとる場面で活かせるでしょう。

この記事を読めば、オーバーラッピングとはどのような効果があるのか、正しいやり方や注意点を学べます。

英会話のレベルを上げたいと思っている方は、ぜひ読んでみてください。

オーバーラッピングとは?

オーバーラッピングとは、スクリプトを見ながら、英語音声と同時に発音するトレーニング方法です。

英語の音声を聞きながら自分で声に出して発音することで、リスニング力とスピーキング力の両方を養えます。

慣れないネイティブの発音があってもオーバーラッピングのトレーニングでは、スクリプトで英文を確認できるので、初心者でも実行しやすいです。

流暢に英語を話せるようになりたい方は、オーバーラッピングを取り入れて、正しいイントネーションやリズムを身につけると良いでしょう。

シャドーイングとは何が違うの?

シャドーイングとは、流れてくる音声に少し遅れて発音していくトレーニング方法です。

音声を聞きながら、声に出して発音するやり方はオーバーラッピングに似ていますが、シャドーイングには以下のような違いがあります。

  • 音声の0.5〜1秒後に発音する
  • スクリプトを見ない

オーバーラッピングは音声と同時に発音するのに対して、シャドーイングは音声を追いかけるように発音します。

また、シャドーイングはスクリプトを見ることができないので、やや難易度が高いです。

オーバーラッピングの効果

ユーザー

ユーザー

オーバーラッピングには、どんな効果があるの?

オーバーラッピングには、リスニング力スピーキング力を上げられる効果があります。
以下で詳しく解説しますので、英語力を向上させたい方は参考にしてみて下さい。

編集部

編集部

リスニング力の向上

オーバーランピングを繰り返し練習すると、単語の音と意味を頭の中で紐づけられるようになります。

慣れない単語や熟語の発音を正確に聞き取れるようになるには、ネイティブの音声を繰り返し聞く練習が必要です。

しかし英語の発音を単なる音声として聞き取れるようになるだけでは、リスニング力が向上したとは言えません。

なぜなら英会話では、音からその単語の持つ意味を即座に理解できる必要があるからです。

オーバーラッピングは、音声を聞きながらスクリプトで単語や熟語を確認することで、その音と意味を合わせて脳にインプットできます。

ネイティブの正しい発音と単語の意味をセットで理解できれば、リスニング力の向上につながるでしょう。

ネイティブの発音やリズムが学べる

オーバーラッピングは、教科書英語では学べないネイティブの正確な発音やリズムを習得できます。

英語の文章を読める方でも、実際に英会話の場になるとネイティブの英語を聞き取れないことがあるでしょう。

なぜならネイティブスピーカーは発話しやすいように、単語と単語をつなげて発音したり、単語を文字通りに発音しなかったりするからです。

オーバーラッピングを通じて、聞き慣れない単語やフレーズを流れてくる音声と一緒に自分も発音することで、正しい発音はもちろんのこと、英語独特の抑揚も身につけられます。

ネイティブの正確な発音やリズムを習得できれば、英語で自然なコミュニケーションをとれるようになるでしょう。

オーバーラッピングの正しいやり方3ステップ

これから英語学習にオーバーラッピングを取り入れたいという方に向けて、正しいやり方を解説します。

ステップ①自分に合った教材を用意する 

オーバーラッピングを始めるときは、自分の英語レベルに合った教材を選び、地道に学習することが大切です。

自分が単語や文法をどのくらい知っているのか把握したうえで、同等レベルもしくは簡単な教材から手に取ってください。

理解しやすい教材を用いて繰り返しオーバーラッピングの練習を重ね、着実に英語を習得していきましょう。

編集部

編集部

最初の教材で充分に習得できたと感じたら、少しずつ教材の難易度を上げていくと、さらなる英語力のアップにつながりますよ。

ステップ②スクリプトを読んでわからない部分を調べる

スクリプトを見て分からない単語やフレーズは調べておくと、単語の発音と意味を合わせて記憶できるので、効率よく英語を身につけられます。

発音を聞き取れるようになっても意味が理解できていないと、実際に英語でコミュニケーションをとるときに話し手の内容が分からず困ってしまうでしょう。

また、意味の分からない単語は自分で使用することもできません。

英語を聞いたときに、頭の中で単語の発音と意味を的確に結びつけるためには、スクリプトの内容をしっかり確認することが大切です。

ステップ③実際に声に出して練習する

オーバーラッピングは、きちんと声に出して練習するとスピーキング力の向上につながります。

スクリプトを見て単語の内容を理解し、音声を聞いて発音が聞き取れるようになっても、話せるようになるためには発音のトレーニングが大切です。

実際に声に出して発音してみると、ネイティブの発音との違いが見つかるかもしれません。

編集部

編集部

繰り返し声に出して練習し、正しい発音やリズム感を習得できれば、自然な英語でコミュニケーションがとれるでしょう。

オーバーラッピングをする時の注意点

オーバーラッピングを実行するうえで効果的に英語を習得するためには、気をつけなけらばならないことがあります。

注意点を3つ紹介しますので、オーバーラッピングでの英語学習に活かしましょう。

難易度の高すぎる教材を選ばない

オーバーラッピングを始めるときに、まずは語彙力や文法知識などが自分に合ったレベルの教材を手に取ることをおすすめします。

最初からレベルの高い教材を使うことは学習効率が悪く、思うような効果が期待できない可能性があります。

英語力を伸ばしたいからといって、いきなり難易度が高い教材を選んでしまうと内容が理解できず心が折れてしまうかもしれません。

英語は何度も繰り返し練習して、継続して学習することが大切です。

簡単な教材から基礎を固めて、自分のペースで英語を習得していきましょう。

教材のスピードに合わせて読む

オーバーラッピングは、教材の音声スピードに合わせて読むことでリズム感の習得に役立ちます。

練習するうえで大切なポイントは、流れてくる音声の真似をするように、ピッタリと合わせることです。

英語が苦手な方は、アクセントやリズムに自分の癖がついてしまっていることがあります。

リズムがズレると相手に英語が伝わりにくくなるので、正しいリズム感を身につけましょう。

ネイティブの正確なリズムを理解することで、スピーキング力のアップにつながります。

繰り返し同じ教材で練習する

オーバーラッピングは何度も反復練習を重ねることで、スピーキング力やリスニング力が向上します。

英語を習得するには、1度だけではなく何度も練習することが大切です。

なぜなら、いざ英会話の場面になったときに頭の引き出しから瞬時に知識を引っ張ってこなければならないからです。

英語でスラスラとコミュニケーションをとるには、以前学んだ内容をきちんと理解できている必要があります。

繰り返し同じ教材でオーバーラッピングの練習をして、単語やフレーズを確実に習得するようにしましょう。

オーバーラッピングにおすすめの教材

初心者~上級者まで幅広く活用できるオーバーラッピングのおすすめ教材を3つ紹介します。

スピーキング力とリスニング力を効果的に習得したい方は、自分にピッタリの教材を見つけてオーバーラッピングを実行してみましょう。

TOEICのリスニング問題

短い文章も多いTOEICのリスニング問題集は、オーバーラッピング初心者の方でも活用しやすい教材です。

最初から長文でオーバーラッピングを始めてしまうと、難易度が高く挫折してしまうこともあるでしょう。

しかし、TOEICのリスニング問題集は簡単なフレーズや日常生活で使われることの多い文章が問題の一部になっているため、オーバーラッピングに向いています。

TOEICのリスニング問題集は、近くの本屋さんやオンラインショップなどで手軽に購入できるのも嬉しいポイントです。

TED Talks

難易度の高いオーバーラッピングに挑戦したい方は、世界中の著名人による講演を視聴できるTED Tslksが向いています。

TED Tslksのメリットは、以下の通りです。

  • 無料で使用できる
  • 英語字幕あり
  • ダウンロードによる保存が可能

公式サイトやアプリから誰でも無料で見れるTED Tslksなら、場所や時間を問わず英語学習が行えます。

各業界に精通する人々によるスピーチなので、難しい語句や表現が使われることもありますが、英語レベルの底上げにつながるでしょう。

好きな洋画や海外ドラマのセリフ

オーバーラッピングの教材として洋画や海外ドラマを活用すると、よく使うフレーズを習得しやすいです。

洋画や海外ドラマのセリフでは日常的に使われているフレーズが多いので、実際に自分が英語でコミュニケーションをとる時に役立てられます。

また、画面に登場する人物や物語の背景で、単語を覚えられるというメリットもあるでしょう。

編集部

編集部

自分が好きな洋画や海外ドラマでオーバーラッピングを行えば、楽しく英語を学習できそうですね。

まとめ

本記事では英語を上達させたい方に向けて、オーバーラッピングの正しいやり方や注意事項を解説しました。

オーバーラッピングの練習をするうえで大切なポイントをまとめると、以下のようになります。

ポイント
  • 音声と重なるように声を出して読む
  • 単語の発音と意味を結びつける
  • 自分の英語レベルに合った教材を選ぶ
  • 何度も繰り返し学習する

ネイティブの正しい発音やリズムを身につけられるオーバーラッピングは、リスニング力とスピーキング力が向上します。

また、スクリプトを見ながら単語の意味を確認できるので初心者の方でも取り組みやすいです。

オーバーラッピングで効果的に学習を重ねて、自然な英会話力を身につけましょう!

関連記事