「鹿踊り」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~10/169件中)

読み方:ししおどり別表記:鹿踊り現在の宮城県および岩手県に伝わる伝統芸能。鹿の角を装着して踊る。多くはお盆の行事として催されている。
読み方:ししおどり別表記:鹿踊り現在の宮城県および岩手県に伝わる伝統芸能。鹿の角を装着して踊る。多くはお盆の行事として催されている。
読み方:ししおどり別表記:鹿踊り現在の宮城県および岩手県に伝わる伝統芸能。鹿の角を装着して踊る。多くはお盆の行事として催されている。
ナビゲーションに移動 検索に移動 この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2013年6月) ススキと空『鹿踊りのはじまり...
ナビゲーションに移動 検索に移動 「太鼓踊系」の八ツ鹿踊(いわて花巻空港の壁画) 奥州市胆沢の行山流都鳥鹿踊鹿踊(ししおどり、しかおどり)は、江戸時代の南部氏領(盛岡藩陸奥国領)、および、伊達氏領(仙...
鹿踊(しかおどり、ししおどり)は愛媛県宇和島市周辺で神社の祭礼におこなわれる民俗芸能である。目次1 概要2 関連項目3 脚注4 外部リンク概要宮城県仙台市周辺の鹿踊・獅子踊と歌詞などの面で類似する部分...
この存命人物の記事には検証可能な出典が求められています。信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀...
つがわ 狐の嫁入り行列つがわ 狐の嫁入り行列 沿道狐の嫁入り行列(きつねのよめいりぎょうれつ)は、新潟県東蒲原郡阿賀町津川地区で毎年5月3日に開催される祭である。目次1 背景2 受賞歴3 運行概要4 ...
「シグナルとシグナレス」は、宮沢賢治の短編童話。1923年5月11日から23日(16日・19日は休載)まで、岩手毎日新聞(1933年廃刊。現在の毎日新聞とは無関係)に11回に分けて掲載された。賢治の数...
ナビゲーションに移動 検索に移動 ポータル クラシック音楽牧野 由多可(まきの ゆたか、1930年7月5日 - 2005年1月29日)は、日本の作曲家。東京都出身。作曲を山田耕筰に、ピアノを...
< 前の結果 | 次の結果 >





カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

©2020 Weblio RSS