「石井 柏亭」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~10/451件中)

読み方:やすい そうたろう洋画家。京都生。浅井忠に学ぶ。津田青楓の留学に同行し渡仏、ジャン・ポール・ローランスに師事した。のち石井柏亭・有島生馬らと一水会を結成する。帝室技芸員・芸術院会員。東京芸大教...
読み方:やすい そうたろう洋画家。京都生。浅井忠に学ぶ。津田青楓の留学に同行し渡仏、ジャン・ポール・ローランスに師事した。のち石井柏亭・有島生馬らと一水会を結成する。帝室技芸員・芸術院会員。東京芸大教...
読み方:やました しんたろう洋画家。東京生。東美校卒。渡仏し、エコール=デ=ボザールに入学。ルノワールに傾倒し、サロンに入選する。石井柏亭らと二科会を、後には一水会を結成する。レジオン=ドヌール勲章受...
読み方:やました しんたろう洋画家。東京生。東美校卒。渡仏し、エコール=デ=ボザールに入学。ルノワールに傾倒し、サロンに入選する。石井柏亭らと二科会を、後には一水会を結成する。レジオン=ドヌール勲章受...
読み方:えざき ひろとも洋画家。岐阜県生。小山正太郎の不同舎に学び、中村不折、石井柏亭に師事。太平洋画会会員となり、また示現会の創立に参加、のち理事となる。新日展特選。昭和59年(1984)歿、73才...
読み方:えざき ひろとも洋画家。岐阜県生。小山正太郎の不同舎に学び、中村不折、石井柏亭に師事。太平洋画会会員となり、また示現会の創立に参加、のち理事となる。新日展特選。昭和59年(1984)歿、73才...
洋画家。明治38年(1905)東京生。名は乾吉郎。石井柏亭・有島生馬・山下新太郎に師事する。個展を多く開く。著書に『父の像』『実地指導油絵の描き方』等がある。元一水会常任委員。
読み方:すずき しんたろう洋画家。東京生。はじめ白馬会洋画研究所に入り黒田清輝に学び、のち石井柏亭に師事する。二科会会員となり活躍し、同会退会後は、野間仁根・高岡徳太郎らと一陽会を結成した。日本芸術院...
読み方:すずき しんたろう洋画家。東京生。はじめ白馬会洋画研究所に入り黒田清輝に学び、のち石井柏亭に師事する。二科会会員となり活躍し、同会退会後は、野間仁根・高岡徳太郎らと一陽会を結成した。日本芸術院...
読み方:いしい つるぞう洋画・彫刻家。東京生。日本画家石井鼎湖の三男、洋画家石井柏亭の弟。東美校卒。版画・水彩画も手掛けた他、吉川英治の『宮本武蔵』など小説の挿絵も多い。日本水彩画会・春陽会会員。芸術...
< 前の結果 | 次の結果 >





カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

©2020 Weblio RSS