sicaとは?

Sica

名前 シーカ

シーカ (刀剣)

(sica から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/23 22:53 UTC 版)

シーカラテン語: Sica)は、トラキア人[1]イリュリア人が使用したことで知られる[2]古代ローマ短刀[1]


  1. ^ a b c d e Dictionnaire des Antiquités grecques et romaines. 4. pp. 1300-1301. http://dagr.univ-tlse2.fr/feuilleter/tome_4/partie_2/page_496. 
  2. ^ John Wilkes (1996). 'The Illyrians (The Peoples of Europe). ジョン・ワイリー・アンド・サンズ. p. 238. ISBN 9780631198079.  "Their principal offensive weapon was the single edged curved-sword, similar to the Greek machaira, a form of weapon that can be traced back to Bronze age times..."
  3. ^ Michiel de Vaan (2008-06-25). Etymological Dictionary of Latin and the other Italic Languages. ライデン及びボストン: Brill. pp. 561-562. ISBN 9789004167971. 
  4. ^ Orel, Vladimir (1998). Albanian etymological dictionary. Brill. pp. 477-478. ISBN 9004110240. https://books.google.com/books?id=yJQYAQAAIAAJ&dq. 
  5. ^ Havers, Wilhelm (1984). Die Sprache. A. Sexl.. p. 84. https://books.google.com/books?id=YjhxAAAAIAAJ&q. 
  6. ^ a b c Borangic C. - Sica. Tipologie Si Functional It Ate, NEMVS, IV, 7-8, 2009, https://www.scribd.com/document/33875732/Borangic-C-Sica-Tipologie-Si-Functional-It-Ate-NEMVS-IV-7-8-2009 
  7. ^ John Wilkes (1996). 'The Illyrians (The Peoples of Europe). ジョン・ワイリー・アンド・サンズ. pp. 238-239. ISBN 9780631198079.  "Although a short curved sword was used by several peoples around the Mediterranean the Romans regarded the sica as a distinct Illyrian weapon used by the stealthy 'assassin' (sicarius)..."


「シーカ (刀剣)」の続きの解説一覧



sicaと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「sica」の関連用語

sicaのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



sicaのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシーカ (刀剣) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS