nhkニュースとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > nhkニュースの意味・解説 

NHKニュース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/18 09:42 UTC 版)

NHKニュース(読み:エヌエイチケイ・ニュース、英字:NHK NEWS)は、日本放送協会(NHK)のテレビラジオニュース番組の総称、及び実際に放送される際の番組名である。定時に放送されるものだけを指す場合は『定時ニュース』、放送時間を特定する必要がある場合は『○時ニュース』・『正午ニュース』と呼ばれ[1]、重大事件・災害報道のため急遽編成されたものは『特設ニュース』と呼ばれる。[2]


  1. ^ ただし、天皇陛下(現:上皇陛下)退位日決定から、新元号制定までの期間は、暫定的に日本国内ニュースでも、グレゴリオ暦を用いた。
  2. ^ a b c NHK ラジオニュース よくあるご質問”. NHK. 2017年5月26日閲覧。
  1. ^ 第2部第1章2節 V.1.「主なニュース番組」、『NHK年鑑2012』NHK放送文化研究所日本放送出版協会、2012年
  2. ^ 地上デジタル放送番組表での番組名は「ニュース」、もしくは「ニュース ○○関連」。
  3. ^ 平樹・田嶋亨「ロボットカメラモニタリングシステムの更新」、『放送技術』第67巻(2014年5月号)、兼六館出版、2014年5月、 ISSN 0287-8658
  4. ^ 関東・甲信越ローカルは青線枠ではなく緑線枠に変わり、さらに横幅が長くなったものになる。2018年4月2日よりCスタジオのセットリニューアルを機に書体も変更され、緑線枠からオレンジ・青線枠に変わった。
  5. ^ ただし、大阪局から送出する平日14時台は一部旧デザインのものが混在している。
  6. ^ 関東・関東甲信越ローカルで使用されるCスタジオについても同様。こちらは緑を基調としたものに変更。
  7. ^ a b c テレビジョン放送における「映画」の変遷 - 古田尚輝(成城文藝・第196号)
  8. ^ 多言語からの翻訳同様に省略部分を補い、方言や訛りなどを修正を加えて読みやすいようにする。
  9. ^ ただし、その後も全ニュースでテロップがサイドカットを意識した配置になっているが、同時期から一部の全国・ローカルニュース番組で、2010年9月27日以降はNHKワールドTVの英語ニュース番組全般を除いた全ニュース番組(NHK BSニュースも含む)が画面いっぱいにした配置となっている。
  10. ^ NHK_PRのツイート(582381884849537024)
  11. ^ それまで12時台はニュース明けの定時番組のみだった。また地域によってこれ以前から、11時台の地域情報枠(ひるまえほっとなど)と12時台のローカルニュースのパートのみ時刻表示した局もある。
  12. ^ ローカルニュースの時間帯を含む。ただし、ワイド番組の『NHKニュース7』と『ニュースウオッチ9』、『ニュースチェック11』では時刻出しを行わない。
  13. ^ これ以外にもウィークエンド関西ひめポン!(金曜のみ)が該当。
  14. ^ 山形局「やままる」でも不定期で中谷文彦がネクタイ着用・カジュアルジャケット、「まるっと!」でも小山径がノーネクタイ・ノージャケット(夏季のみ)で出演することもある。
  15. ^ 九州・沖縄ブロック、山口局が該当。
  16. ^ 首都圏ネットワーク」に関しても2018年度より実施。
  17. ^ ノンスクランブル放送される番組のうち、一部のニュース番組と「日曜討論」、「NHKのど自慢」がかつてBS2でも同時放送されていたためNHKワールド・プレミアムの受信環境があり、かつBS2も視聴できる環境にあった世帯では難視聴対策放送があったときの名残が見られる。
  18. ^ 1953年10月6日から12日の東奥日報ラジオ欄の「ラジオ第2」番組表より。
  19. ^ ホッシン?ハッシン? NHKアナも読み直した「発疹」の正しい読み方 まぐまぐニュース! / 2016年9月7日 21時0分配信 2018年5月23日閲覧
  20. ^ 日本国内で地震動が観測されなかった場合でも同様。各地方放送局・支局・報道室は緊急地震速報の「高度利用者向け」を用いる予測ソフトパソコンインストールしている。
  21. ^ BS放送開始以降、体制の変更で名前も幾度となく変えられており、3波体制(旧BS1・BS2・BShi)のBSデジタルが開局した2000年12月1日からBS2閉局・2波体制変更前の2011年3月31日までは「八波全中」、BSが2チャンネル体制となった1986年12月25日からBSデジタル3波開局前の2000年11月30日まで、及びBSデジタルが2波体制になった2011年4月1日からBSのスーパーハイビジョン放送(BS4K・BS8K)の開局前の2018年11月30日までは「七波全中」だった。
  22. ^ 会長告知放送 「臨時特別編成について」 番組表検索結果詳細 NHKクロニクル”. NHK(日本放送協会). 2018年12月2日閲覧。
  23. ^ 三浦俊典、鈴木靖夫、長谷川収、原井行彦(1972)、「テレビ放送のソフトウエア-番組制作と運用技術-」 『テレビジョン』 1972年 26巻 2号 p.123-147, doi:10.3169/itej1954.26.123
  24. ^ (著) 金山智子, 日比野純一 ほか、災害とコミュニティラジオ研究会編(2014)『小さなラジオ局とコミュニティの再生: 3.11から962日の記録』さいはて社 ISBN 978-4905328056google books
  25. ^ 宮田修「危機報道 ―その時、わたしは……―」
  26. ^ 通常、本州に影響を及ぼす台風や、大規模地震が発生した場合、総合テレビの深夜フィラーは、1989年6月の本放送開始後は基本的にBS2と同時放送していたが、東日本大震災は大津波・原発事故を伴う大規模災害だったため、その例外として、開局当初のBS1と総合テレビ、BS2と教育テレビの組み合わせの同時放送を行った。
  27. ^ 2020年5月14日のNHK大阪放送局の「大阪モデル」達成時の速報など
  28. ^ サイマル放送のNHKワールド・プレミアムでもそのままニュース速報のチャイム音が流れた。BS1は通常放送と同じく2回鳴るチャイム音と「NHKニュース速報」のロゴを出してテロップ表示された。
  29. ^ 平成28年2月 視聴者対応報告 (PDF) - 日本放送協会(7ページ目)
  30. ^ 2012年12月12日の北朝鮮のミサイル発射に関するニュース速報ではラジオ第2放送やFM放送でも通常番組を中断して速報を伝えた。
  31. ^ ただし、北海道ブロックでは「北海道のニュース」として一括りしているため函館旭川帯広釧路北見室蘭各局発の分も含め、すべて札幌局が対応。そのため、函館・旭川・帯広・釧路・北見・室蘭各局発のローカルニュースの動画配信は行っていない。
  32. ^ http://web.archive.org/web/20200521030855/https://www.nhk.or.jp/pr/keiei/toptalk/kaichou/k1905.pdf
  33. ^ http://web.archive.org/web/20200521030856/https://www.chuo-u.ac.jp/academics/faculties/science/departments/chemistry/news/2018/03/15179/?r=1
  34. ^ 例としてNHK広報局名義の文書[32]のほか、[33]
  35. ^ a b NHK ラジオニュース”. NHK. 2017年5月15日閲覧。
  36. ^ NHKジャーナル”. NHK. 2017年5月26日閲覧。
  37. ^ 「1分でわかるニュース」と表記。
  38. ^ 日本放送協会 理事会議事録(平成25年 4月16日開催分)
  39. ^ NHKプラスのサービス開始時は南関東エリア(埼玉県千葉県東京都神奈川県)向けを対象とした放送を全国に配信するため。
  40. ^ 常時同時配信・見逃し番組配信サービスの開始について”. 日本放送協会(2020年1月15日作成). p. 1. 2020年3月17日閲覧。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「nhkニュース」の関連用語

nhkニュースのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



nhkニュースのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのNHKニュース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS