mirtazapineとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > mirtazapineの意味・解説 

ミルタザピン

分子式C17H19N3
その他の名称:Org-3770、1,2,3,4,10,14b-Hexahydro-2-methylpyrazino[2,1-a]pyrido[2,3-c][2]benzazepine、Mepirzepine、Remergon、6-Azamianserin、Mirtazapine、レメルゴン、メピルゼピン、ミルタザピン、6-アザミアンセリン、レメロンRemeron、2-Methyl-1,2,3,4,10,14b-hexahydropyrazino[2,1-a]pyrido[2,3-c][2]benzoazepine
体系名:1,2,3,4,10,14b-ヘキサヒドロ-2-メチルピラジノ[2,1-a]ピリド[2,3-c][2]ベンゾアゼピン、2-メチル-1,2,3,4,10,14b-ヘキサヒドロピラジノ[2,1-a]ピリド[2,3-c][2]ベンゾアゼピン


(−)‐ミルタザピン

分子式C17H19N3
その他の名称:(14bR)-1,2,3,4,10,14bβ-Hexahydro-2-methylpyrazino[2,1-a]pyrido[2,3-c][2]benzazepine(R)-ミルタザピン(R)-Mirtazapine、(-)-ミルタザピン(-)-(R)-Mirtazapine、(-)-(R)-ミルタザピン、R-(-)-Mirtazapine、R-(-)-ミルタザピン(-)-Mirtazapine、(R)-6-Azamianserin、(R)-6-アザミアンセリン、(R)-Org-3770、Org-44-19
体系名:(14bR)-1,2,3,4,10,14b-ヘキサヒドロ-2-メチルピラジノ[2,1-a]ピリド[2,3-c][2]ベンゾアゼピン、(14bR)-1,2,3,4,10,14bβ-ヘキサヒドロ-2-メチルピラジノ[2,1-a]ピリド[2,3-c][2]ベンゾアゼピン


(+)‐ミルタザピン

分子式C17H19N3
その他の名称:(14bS)-1,2,3,4,10,14bα-Hexahydro-2-methylpyrazino[2,1-a]pyrido[2,3-c][2]benzazepine、(S)-ミルタザピン、(S)-Mirtazapine、(+)-ミルタザピン、(+)-(S)-ミルタザピン、(+)-(S)-Mirtazapine、S-(+)-Mirtazapine、S-(+)-ミルタザピン、(+)-Mirtazapine、(S)-6-Azamianserin、(S)-6-アザミアンセリン、(S)-Org-3770、Esmirtazapine、エスミルタザピン、Org-44-20
体系名:(14bS)-1,2,3,4,10,14b-ヘキサヒドロ-2-メチルピラジノ[2,1-a]ピリド[2,3-c][2]ベンゾアゼピン、(14bS)-1,2,3,4,10,14bα-ヘキサヒドロ-2-メチルピラジノ[2,1-a]ピリド[2,3-c][2]ベンゾアゼピン


ミルタザピン

【仮名】みるたざぴん
原文】mirtazapine

うつ病の治療に用いられる薬物抗うつ薬呼ばれる種類薬物である。「remeron」とも呼ばれる

ミルタザピン

(mirtazapine から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/17 05:14 UTC 版)

ミルタザピン(Mirtazapine)とは、オランダオルガノン社(前シェリング・プラウ社、現メルク社)が創製した四環系抗うつ薬[9][10]ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬 (NaSSA) というカテゴリに分類される。SSRISNRIとは異なる作用機序であり、短時間で効果が発現し、効果は持続的である[11]




[ヘルプ]
  1. ^ a b c シェリング・プラウ、p3。
  2. ^ シェリング・プラウ、p58。
  3. ^ a b シェリング・プラウ、p8。
  4. ^ シェリング・プラウ、p27。
  5. ^ Timmer,C.J.,et al.,"Clinical pharmacokinetics of mirtazapine",Clin Pharmacokinet,38,(6),pp461-474,2000.
  6. ^ シェリング・プラウ、p31。
  7. ^ シェリング・プラウ、p4。
  8. ^ パッケージは、Meiji Seika ファルマの前身である明治製菓時代のもの。
  9. ^ a b c d 「抗うつ薬『ミルタザピン』シェリング・プラウ、明治製菓」薬事日報、2009年9月14日配信(2009年10月10日閲覧)。
  10. ^ リフレックス錠 医薬品インタビューフォーム独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 医薬品医療機器情報提供ホームページ
  11. ^ a b c 北村正樹「SSRI、SNRIに続く新規抗うつ薬『NaSSA』登場」日経メディカルオンライン、2009年7月27日配信、(2009年10月10日閲覧)、
    北村正樹「リフレックス錠15mg、レメロンSSRI錠15mg:7月7日承認、9月7日発売:SNRIに続く新規抗うつ薬『NaSSA』」『日経ドラッグインフォメーション』、2009年10月号、114号、p11、ISSN 1347-491X
  12. ^ a b c シェリング・プラウ、p1。
  13. ^ G Yoshipovitch, et al. Chronic Pruritus. N Engl J Med 2013; 368:1625-1634.
  14. ^ 野村健介、渡邊衡一郎「特集抗うつ薬:ミルタザピン」、『最新精神医学』第13巻第5号、2008年9月、 p.p.451-455、 ISSN 13424300
  15. ^ シェリング・プラウ、p2。
  16. ^ シェリング・プラウ、p47-48。
  17. ^ a b Benazzi F (June 1998). “Mirtazapine withdrawal symptoms”. Canadian Journal of Psychiatry 43 (5): 525. PMID 9653542. 
  18. ^ a b Berigan TR (June 2001). “Mirtazapine-Associated Withdrawal Symptoms: A Case Report”. Primary Care Companion to the Journal of Clinical Psychiatry 3 (3): 143. PMC 181176. PMID 15014614. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=181176. 
  19. ^ Blier P (2001). “Pharmacology of rapid-onset antidepressant treatment strategies”. The Journal of Clinical Psychiatry 62 Suppl 15: 12?7. PMID 11444761. 
  20. ^ van Broekhoven F, Kan CC, Zitman FG (June 2002). “Dependence potential of antidepressants compared to benzodiazepines”. Progress in Neuro-psychopharmacology & Biological Psychiatry 26 (5): 939?43. doi:10.1016/S0278-5846(02)00209-9. PMID 12369270. http://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0278-5846(02)00209-9. 
  21. ^ Vlaminck JJ, van Vliet IM, Zitman FG (March 2005). “[Withdrawal symptoms of antidepressants]” (Dutch; Flemish). Nederlands Tijdschrift Voor Geneeskunde 149 (13): 698?701. PMID 15819135. 
  22. ^ Klesmer J, Sarcevic A, Fomari V (August 2000). “Panic attacks during discontinuation of mirtazepine”. Canadian Journal of Psychiatry 45 (6): 570?1. PMID 10986577. 
  23. ^ MacCall C, Callender J (October 1999). “Mirtazapine withdrawal causing hypomania”. The British Journal of Psychiatry : the Journal of Mental Science 175: 390. doi:10.1192/bjp.175.4.390a. PMID 10789310. 
  24. ^ Ali S, Milev R (May 2003). “Switch to mania upon discontinuation of antidepressants in patients with mood disorders: a review of the literature”. Canadian Journal of Psychiatry 48 (4): 258?64. PMID 12776393. 
  25. ^ シェリング・プラウ、p50。
  26. ^ シェリング・プラウ、p44。
  27. ^ シェリング・プラウ、p32。
  28. ^ Stahl, Stephen M. (2000). Stahl's Essential Psychopharmacology Neuroscientific Basis and Practical Applications 3rd Edition. Cambridge University Press. ISBN 0521646154. 
  29. ^ a b 明治製菓 『リフレックス錠15mg』 2009年9月作成(第3版)、明治製菓公式サイト(2009年10月13日閲覧)。
  30. ^ a b シェリング・プラウ、p56。
  31. ^ シェリング・プラウ、p61。


「ミルタザピン」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「mirtazapine」の関連用語

mirtazapineのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

コアマモ

村上幸史

ホワイト・レディ

発光ダイオード

稲荷川第二砂防堰堤

北庄

イエロー・ブルーフィンプレコ L200

アサダ





mirtazapineのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのミルタザピン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS