alprazolamとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > alprazolamの意味・解説 

アルプラゾラム

分子式C17H13ClN4
その他の名称:キサナックス、アルプラゾラム、TUS-1、Xanax、U-31889、Alplazolam、Alprazolam、8-Chloro-1-methyl-6-phenyl-4H-[1,2,4]triazolo[4,3-a][1,4]benzodiazepine、D-65MT、ソラナックス、Solanax、コンスタン、アルパゾラム、Alpazolam、1-Methyl-6-phenyl-8-chloro-4,10b-dihydro-2,3,5,10b-tetraazabenzo[e]azulene、アゾリタン、Azolitan、カームダンCalmdownメデポリン、Medepolin、メンビット、Menbit
体系名:8-クロロ-1-メチル-6-フェニル-4H-[1,2,4]トリアゾロ[4,3-a][1,4]ベンゾジアゼピン、1-メチル-6-フェニル-8-クロロ-4,10b-ジヒドロ-2,3,5,10b-テトラアザベンゾ[e]アズレン


アルプラゾラム

薬物アルプラゾラム
英名alprazolam
化合物名or商品名ザナックス
分子式C17H13ClN4
分子データ
用途抗不安薬(馴化鎮静作用筋弛緩作用)
副作用めまい,ふらつき脱力嘔吐など
胎,授乳児への影響
備考
融点228232
沸点
LD50(マウス)/mg kg-11410(♂,経口)
LD50(その他)/mg kg-11220(ラット♀,経口)
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

アルプラゾラム

【仮名】あるぷらぞらむ
原文】alprazolam

不安障害パニック発作治療に用いられる薬物一部のがん治療によって生じる吐き気嘔吐対す治療薬としても研究されている。ベンゾジアゼピン系薬物一種である。「xanax」とも呼ばれる

アルプラゾラム

(alprazolam から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/26 09:56 UTC 版)

アルプラゾラム(Alprazolam)は、ベンゾジアゼピン系の短期間作用型抗不安薬および筋弛緩薬の一種。半減期は約14時間。日本では商品名ソラナックスコンスタンで知られ、後発医薬品も多数出ており、適応は、心身症における身体症状と不安・緊張・抑うつ睡眠障害である[4]




  1. ^ dea.gov/xanax[要文献特定詳細情報]
  2. ^ Xanax (Alprazolam) Clinical Pharmacology – Prescription Drugs and Medications”. RxList. First DataBank (2008年7月). 2008年10月閲覧。
  3. ^ Xanax XR (Alprazolam) Clinical Pharmacology – Prescription Drugs and Medications”. RxList. First DataBank (2008年7月). 2016年7月11日閲覧。
  4. ^ Mandrioli, R.; Mercolini, L.; Raggi, M. A. (2008). “Benzodiazepine Metabolism: An Analytical Perspective”. Current Drug Metabolism 9 (8): 827–844. doi:10.2174/138920008786049258. PMID 18855614. 
  5. ^ a b c 厚生労働省医薬・生活衛生局安全対策課長, “催眠鎮静薬、抗不安薬及び抗てんかん薬の「使用上の注意」改訂の周知について (薬生安発0321第2号)” (pdf) (プレスリリース), https://www.pmda.go.jp/files/000217230.pdf 2017年3月25日閲覧。 、および、使用上の注意改訂情報(平成29年3月21日指示分)”. 医薬品医療機器総合機構 (2017年3月21日). 2017年3月25日閲覧。
  6. ^ Alprazolam”. The American Society of Health-System Pharmacists. 2011年5月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月15日閲覧。
  7. ^ a b c d e FDA approved labeling for Xanax revision 08/23/2011 (PDF)”. Federal Drug Administration. p. 4 (2011年8月23日). 2011年9月14日閲覧。 “Anxiety Disorders – XANAX Tablets (alprazolam) are indicated for the management of anxiety disorder (a condition corresponding most closely to the APA Diagnostic and Statistical Manual [DSMIII-R] diagnosis of generalized anxiety disorder) or the short-term relief of symptoms of anxiety. Anxiety or tension associated with the stress of everyday life usually does not require treatment with an anxiolytic... Panic Disorder – XANAX is also indicated for the treatment of panic disorder, with or without agoraphobia... Demonstrations of the effectiveness of XANAX by systematic clinical study are limited to 4 months duration for anxiety disorder and 4 to 10 weeks duration for panic disorder; however, patients with panic disorder have been treated on an open basis without any apparent loss of benefit. The physician should periodically reassess the usefulness of the drug for the individual patient.”
  8. ^ Moylan, S.; Giorlando, F.; Nordfjærn, T.; Berk, M. (2012). “The Role of Alprazolam for the Treatment of Panic Disorder in Australia” (PDF). The Australian and New Zealand Journal of Psychiatry 46 (3): 212–224. doi:10.1177/0004867411432074. PMID 22391278. http://www.barglow.com/moylan2012alprazolam.pdf. 
  9. ^ a b Xanax (Alprazolam) Clinical Pharmacology – Prescription Drugs and Medications at RxList”. RxList. First DataBank (2008年7月). 2014年5月1日閲覧。
  10. ^ Bandelow B, Zohar J, Hollander E, Kasper S, Möller HJ (2002). “World Federation of Societies of Biological Psychiatry (WFSBP) guidelines for the pharmacological treatment of anxiety, obsessive-compulsive and posttraumatic stress disorders”. World J. Biol. Psychiatry 3 (4): 171–99. PMID 12516310. 
  11. ^ NetDoctor (2006年10月1日). “Xanax”. netdoctor.co.uk. 2007年8月2日閲覧。
  12. ^ The British National Formulary (2007年). “Alprazolam”. BNF. 2007年8月2日閲覧。
  13. ^ Lydiard, Rb; Laraia, Mt; Ballenger, Jc; Howell, Ef (May 1987). “Emergence of depressive symptoms in patients receiving alprazolam for panic disorder”. The American journal of psychiatry 144 (5): 664–5. PMID 3578580. 
  14. ^ a b 医薬品医療機器総合機構 (2017年2月28日), “調査結果報告書” (pdf) (プレスリリース), 医薬品医療機器総合機構, http://www.pmda.go.jp/files/000217061.pdf 2017年3月25日閲覧。 
  15. ^ 医薬品医療機器総合機構 (2017-03). “ベンゾジアゼピン受容体作動薬の依存性について” (pdf). 医薬品医療機器総合機構PMDAからの医薬品適正使用のお願い (11). https://www.pmda.go.jp/files/000217046.pdf 2017年3月25日閲覧。. 
  16. ^ Juergens, Sm; Morse, Rm (May 1988). “Alprazolam dependence in seven patients.”. The American journal of psychiatry 145 (5): 625?7. PMID 3258735. 
  17. ^ Klein, E (2002). “The role of extended-release benzodiazepines in the treatment of anxiety: a risk-benefit evaluation with a focus on extended-release alprazolam.”. The Journal of clinical psychiatry 63 (Suppl 14): 27?33. PMID 12562116. 
  18. ^ Professor Heather Ashton (2002年). “The Ashton Manual ? Benzodiazepines: How They Work and How to Withdraw”. benzo.org.uk. 2008年10月31日閲覧。
  19. ^ Dr JG McConnell (2007年5月). “The Clinicopharmacotherapeutics of Benzodiazepine and Z drug dose Tapering Using Diazepam”. bcnc. 2008年10月31日閲覧。
  20. ^ Closser, Mh; Brower, Kj (July 1994). “Treatment of alprazolam withdrawal with chlordiazepoxide substitution and taper.”. Journal of substance abuse treatment 11 (4): 319?23. doi:10.1016/0740-5472(94)90042-6. PMID 7966502. 
  21. ^ McIntosh A, Cohen A, Turnbull N et al. (2004年). “Clinical guidelines and evidence review for panic disorder and generalised anxiety disorder (PDF)”. National Collaborating Centre for Primary Care. 2009年6月16日閲覧。
  22. ^ Work Group on Panic Disorder (2009年1月). “APA Practice Guideline for the Treatment of Patients With Panic Disorder, Second Edition (PDF)”. 07/12/09閲覧。
  23. ^ a b United States Government; U.S. DEPARTMENT OF HEALTH AND HUMAN SERVICES (2006年). “Drug Abuse Warning Network, 2006: National Estimates of Drug-Related Emergency Department Visits”. Substance Abuse and Mental Health Services Administration. 2009年2月9日閲覧。
  24. ^ Tesar GE (1990). “High-potency benzodiazepines for short-term management of panic disorder: the U.S. experience”. J Clin Psychiatry 51 (Suppl): 4?10; discussion 50-3. PMID 1970816. 
  25. ^ Forbes. “The most prescibed drugs in the US”. 2009年2月9日閲覧。
  26. ^ 国際麻薬統制委員会 (2003年8月). “List of psychotropic substances under international control (PDF)”. incb.org. 2008年12月7日閲覧。
  27. ^ DEA, Drug Scheduling”. DEA. 2008年10月31日閲覧。
  28. ^ UK Gov (1991年). “Misuse of Drugs Act 1971 (c. 38)”. The UK Statute Law database. 2011年8月11日閲覧。
  29. ^ “4.1.2: Anxiolytics”. 英国国民医薬品集 (BNF 57). United Kingdom: BMJ Group and RPS Publishing. (March 2009). p. 190. ISBN 978-0-85369-845-6. 
  30. ^ Misuse Of Drugs (Amendment) Regulations”. Irish Statute Book. Office of the Attorney General (1993年). 2011年8月11日閲覧。
  31. ^ “Läkemedelsverkets föreskrifter (LVFS 2011:10) om förteckningar över narkotika [Medical Products Agency on the lists of drugs]” (Swedish) (PDF) (プレスリリース), Sweden: スウェーデン医療製品庁, (2011年10月), http://www.lakemedelsverket.se/upload/lvfs/LVFS_2011-10.pdf 
  32. ^ Alprazolam STADA 2 mg tablett”. スウェーデン医療製品庁. 2014年5月1日閲覧。
  33. ^ Xanax (Alprazolam) Clinical Pharmacology – Prescription Drugs and Medications”. RxList. First DataBank (2008年7月). 2016年7月11日閲覧。
  34. ^ CBS News. “Chimp Was Drugged With Xanax”. CBS News. 2016年7月9日閲覧。
  35. ^ John Christoffersen (2009年5月13日). “Conn. chimp that mauled woman had Xanax in system”. Associated Press. Google News. http://www.google.com/hostednews/ap/article/ALeqM5jhxw9fUjruFRAJbzmlxU7kG1sdvwD985FKAG0 [リンク切れ]
  36. ^ Scientic Amerikan. “scientificamerican.com”. Scientic Amerikan. 2016年7月9日閲覧。


「アルプラゾラム」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「alprazolam」の関連用語

alprazolamのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

万座ビーチ

ノギス

キッズケータイ F-05A

2次空気導入バルブ

小坂町明治百年通りのアカシア

ブナ

近藤高代

KTM 990 Adventure





alprazolamのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2017 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアルプラゾラム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS