TANGERINEとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 植物図鑑 > TANGERINEの意味・解説 

ぽんかん (椪柑)

Citrus reticulata

Citrus reticulata

インド北部原産です。わが国へは、明治時代中頃渡来しました。本格的栽培が始まったのは昭和時代になってからです。高さは4メートルほどになり、5月ごろに白色の5弁花を咲かせます。果実黄橙色で、果肉多汁甘み強く香り良いので生食利用されます。また果汁は、「ウンシュウミカン」の香り付けにも使われます。
ミカン科ミカン属常緑低木で、学名Citrus reticulata。英名は Mandarin Orange, Tangerine。
ミカンのほかの用語一覧
ミカン:  文旦  晩白柚  柚子  椪柑      清見タンゴール

平間亮之介

(TANGERINE から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/06 05:22 UTC 版)

平間 亮之介(ひらま りょうのすけ、Ryonosuke Hirama、平間 稜涼)は日本の作曲家編曲家ピアニスト東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校卒業後、バークリー音楽大学にて音楽制作を学ぶ[1]




「平間亮之介」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「TANGERINE」の関連用語

TANGERINEのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



TANGERINEのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2019 shu(^^). All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの平間亮之介 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS