SWOT 分析とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > M&A用語 > SWOT 分析の意味・解説 

SWOT分析

【英】:SWOT analysis

企業経営戦略立案する際に使われる分析手法一つ

組織強みStrength)、弱み(Weakness)、機会Opportunity)、脅威Threat)の4つの軸から評価する手法ビジネスデューデリジェンスの際に用いられる分析手法でもある。 

関連用語


SWOT分析

企業全体評価を行うための分析手法Strength強み)、Weakness(弱み)、Opportunity機会)、Threat脅威)の4つの視点から評価を行う。
SWOT分析では企業事業単位)を内部環境強み弱み)と外部環境機会脅威)に分けて評価分析する手法です。
内部環境分析では、自社経営資源であるマーケティング経営陣財務研究/開発購買製造経理分析から自社の強み弱み分析してゆきます。
外部環境分析は、企業直接影響与えミクロ環境間接的影響与えマクロ環境とに分けて機会脅威分析してゆく必要がありますミクロ環境では市場顧客)・競合他社流通業者供給業者分析マクロ環境では人口動態経済動向技術トレンドから政治法律社会文化自然環境にいたるまで広い視点から分析行います。
企業主観的認識により機会にも脅威にもなり得る危険があることを配慮することが重要です。

SWOT分析

SWOT分析

読み方スウォットぶんせき
【英】SWOT Analysis

SWOT分析とは、主に企業や団体などで用いられる事業分析手法のうち、強み(Strengths)、弱み(Weaknesses)、機会(Opportunities)、脅威(Threats)の4つのポイント明確化することで、多角的分析を図ろうとする分析法のことである。

SWOT分析は、古くから米国ハーバードビジネススクール採用されている分析手法で、同大学のケネス・R・ アンドルーズらが中心となって提唱した。

SWOT分析は、外部環境存在しうるビジネス機会や脅威などを考慮に入れながら、その中で自分たちの組織内部の強みどのように生かし、弱みどのように克服すればよいかを評価分析し、新たな戦略立案へと繋げるために有用とされる事業戦略立案などの際にはよく用いられている。


SWOT分析

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/05 01:42 UTC 版)

SWOT分析(-ぶんせき、: SWOT analysis、SWOT matrix)とは、目標を達成するために意思決定を必要としている組織や個人の事業上の競合プロジェクト計画などに関係する脅威について、外部環境や内部環境を強み (Strengths)、弱み (Weaknesses)、機会 (Opportunities)、脅威 (Threats) の4つのカテゴリーで要因分析し、事業環境変化に対応した経営資源の最適活用を図る経営戦略策定方法の一つである[1][2]


  1. ^ 板倉宏昭 『経営学講義』 勁草書房、2010年、40頁。ISBN 978-4-326-50334-6 
  2. ^ SWOT Analysis: Discover New Opportunities, Manage and Eliminate Threats” (英語). www.mindtools.com (2016年). 2018年2月24日閲覧。
  3. ^ Caves, R. W. (2004). Encyclopedia of the City. Routledge. pp. 653. ISBN 978-0415862875 
  4. ^ a b Dess, Gregory (2018). Strategic Management. United States: McGraw-Hill. p. 73. ISBN 9781259927621 
  5. ^ a b History of SWOT Analysis”. 2020年12月21日閲覧。
  6. ^ Humphrey, Albert (2005年12月). “SWOT Analysis for Management Consulting”. SRI Alumni Newsletter (SRI International). http://www.sri.com/sites/default/files/brochures/dec-05.pdf 
  7. ^ Albert Humphrey The "Father" of TAM”. TAM UK. 2012年6月3日閲覧。
  8. ^ a b c Community Toolbox: Section 14. SWOT analysis”. 2014年2月22日閲覧。
  9. ^ Westhues, Anne; Jean Lafrance; Glen Schmidt (2001). “A SWOT analysis of social work education in Canada”. Social Work Education: The International Journal 20 (1): 35–56. doi:10.1080/02615470020028364. 
  10. ^ Our Community”. 2014年3月16日閲覧。
  11. ^ Menon, A. (1999). “Antecedents and Consequences of Marketing Strategy Making”. Journal of Marketing (American Marketing Association) 63 (2): 18–40. doi:10.2307/1251943. JSTOR 1251943. 
  12. ^ Hill, T. & R. Westbrook (1997). “SWOT Analysis: It's Time for a Product Recall”. Long Range Planning 30 (1): 46–52. doi:10.1016/S0024-6301(96)00095-7. 
  13. ^ Koch, Adam (2000). “SWOT does not need to be recalled: It needs to be enhanced”. Swineburne University of Technology. http://www.westga.edu/~bquest/2000/swot1.html. 
  14. ^ Chermack, Thomas J.; Bernadette K. Kasshanna (December 2007). “The Use of and Misuse of SWOT analysis and implications for HRD professionals”. Human Resource Development International 10 (4): 383–399. doi:10.1080/13678860701718760. 
  15. ^ Porter, Michael; Argyres, Nicholas; McGahan, Anita M. (2002). “An Interview with Michael Porter”. The Academy of Management Executive (1993-2005) 16 (2): 43–52. JSTOR 4165839. 


「SWOT分析」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「SWOT 分析」の関連用語

SWOT 分析のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



SWOT 分析のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
株式会社ストライク株式会社ストライク
Copyright Strike Co., Ltd. All rights reserved.
マインズマインズ
COPYRIGHT © MINDS CO., LTD. ALL RIGHT RESERVED.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリSWOT分析の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのSWOT分析 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS