Raise the Titanicとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 映画情報 > Raise the Titanicの意味・解説 

レイズ・ザ・タイタニック

原題:Raise the Titanic
製作国:アメリカ
製作年:1980
配給:東宝東和配給
スタッフ
監督:Jerry Jameson ジェリー・ジェームソン
製作:Martin Starger マーティン・スターガー

William Frye ウィリアム・フライ
製作総指揮:Lord Grade ロード・グレイド
原作:Clive Cussler クライブ・カスラー
脚本:Adam Kennedy アダム・ケネディ

Eric Hughes エリック・ヒューズ
撮影:Matthew F. Leonetti マシュー・F・レオネッティ
SFX:Alex Weldon アレックス・ウェルドン
音楽:John Barry ジョン・バリー
編集:J. Terry Williams J・テリー・ウィリアムス

Robert F. Shugrue ロバート・F・シュグリュー
字幕:岡枝慎二 オカエダシンジ
キャスト(役名
Jason Robards (2) ジェイソン・ロバーズ(2) (Admiral Sandecker)
Richard Jordan リチャード・ジョーダン (Dirk Pitt
David Selby デイヴィッド・セルビー (Dr. Seagram
Anne Archer アン・アーチャー (Dana Archibald
Alec Guinness アレック・ギネス (John Bigalow)
J. D. Cannon J・D・キャノン (Capt. Joe Burke
Bo Brundin ボー・ブランディン (Capt. Andre Prevlov)
解説
史上最大海難事件で知られる沈没した豪華客船タイタニック号世界行方決め巨大な謎が秘められていたということから、70年たった今海底タイタニック号引き揚げるというサスペンス・タッチの海洋映画製作総指揮ロード・グレイド、製作はマーティン・スターガーウィリアム・フライ監督は「エアポート'77 バミューダからの脱出」のジェリー・ジェームソンクライブ・カスラー原作パシフィカ刊)を基にアダム・ケネディエリック・ヒューズ脚色撮影マシュー・F・レオネッティ音楽ジョン・バリー編集J・テリー・ウィリアムスロバート・F・シュグリュー特殊効果アレックス・ウェルドン各々担当出演ジェイソン・ロバーズリチャード・ジョーダンデイヴィッド・セルビーアン・アーチャーアレック・ギネスJ・D・キャノンボー・ブランディンなど。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
ワシントンにある海洋研機関NUMA)のサンデッカー長官ジェイソン・ロバーズ)、大統領補佐官シーグラム博士デイヴィッド・セルビー)らが、1人の男から、ある事件報告を受けていた。男はダーク・ピットリチャード・ジョーダン)といい、元海大佐で現在は危険な任務遂行しているフリーエージェントだ。今回は、シーグラム依頼北極海に臨むソ連領のスワドロフ島を調査していて、行方不明アメリカ人鉱物学者救出したのだった70年近く前の1912年処女航海途中沈没した豪華客船タイタニック号には、実は未来世界戦略には不可欠といわれる鉱石ビザニウムが持ち込まれていたのだ。ロシア政府が雇った鉱夫秘かにそれをアメリカ持ちろうとして遭難にあったのだったシーグラムは、巨大戦略プロジェクトシシリー計画」を立て、その沈んだビザニウムを手に入れるために、タイタニック号引き揚げ大統領進言した。4000メートル深海から46000トン巨船浮上させることは至難の業だったが、それを極秘実行移していった。まず、ピットは、タイタニック唯一の生き残りの老船員探し出し彼の口から、コロラド鉱山生き残り鉱夫が、あの幻の元素ビザニウムを持って地下室に閉じこもった事実を聞いた。タイタニック号が沈んだと思われる地点測定時間かかっている頃、ソ連が行動を開始し、やがて、ソ連大使館情報将校ブレブロフ(ボー・ブランディン)の画策により、タイタニック号引き揚げ計画マスコミ報道された。サンデッカーは騒然とするマスコミ前に記者会見行ない、これは単なる科学的日的だと巧みにかわした。一方ピット潜行艇は、遂に4000メートル深海まで達し悲劇客船タイタニック船体発見した。そしてアメリカ人ロシア人誰もが見守る中で、幾多障害をこえてタイタニック浮上した。目ざすは、ビザニウムを持って地下室にこもった鉱夫遺体だ。だが、やっとの思いで探しあてた白骨死体と共に見つかったのは、期待を裏切るような石ころだった。そして、再調査を開始し、その鉱夫ブルースターの墓を探し出しダーク・ピットとサンデッカーは、その中から目ざすビザニウムを探し出した。しかし、世界の平和を考え、元の土の中におさめるのだった


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

Raise the Titanicのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Raise the Titanicのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社

©2018 Weblio RSS