NAVigationとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > NAVigationの意味・解説 

【航法】(こうほう)

Navigation.

自分現在位置把握し、目的地までの移動経路確認する技術
陸・海・空を問わず、旅をし、機動・展開する際には必要不可欠である。

基本的に地図確認する技術だが、地形などを観察して推定する技術含まれる
例え現代でも、自動車運転免許取得する際には「地図を読む」航法の習得がほぼ必須とされる

航法の発達史(概略)

文明以前

最も初歩的な航法は、陸上目印となる地物設定し、その形状位置関係覚えておく事である。

人類はその黎明期において、見晴らし良いサバナ気候草原狩猟採集を営んでいた。
多くても数十程度集落があるのみであった時代振り返れば数km先に集落見えていた。
しかしそれでも、狩人はしばし地平線向こう側まで獲物追っていき、そしてしばしば帰ってこなかった。
今まで歩いた地形記憶し、家族の待つ集落との位置関係把握する能力狩り必須であった。

この資質遺伝するらしく、現代でも航法に類する技術習熟速度男性の方が早い傾向にあると言われる
俗に「話を聞かない男、地図の読めない女」などと引き合いに出される事もある。

古代~中世

人類文明は、地図作成と航法の共有から始まる。
言語図形による意思疎通が始まった最初期、まず伝えるべき情報は航法上の地形図であった。
それは集団狩りをするため、あるいは農耕始めるため、さらには交易始めるために必須の情報である。
地図と航法なくして文明成り立たず、地図と航法を発明した事で人は文明を築く事が可能になった。

とはいえ言語的に共有できる情報には限りがあり、特に現在位置把握当人記憶直観に頼る他なかった。
特に船による航海においては航海士何度も往復してよく通る沿岸地形記憶しておくしかなかった。

大航海時代

数学工学天文学発達に伴い、航法にもそれらの学術的知見応用されるようになった
砂時計による時間計測、糸による測距、羅針盤による絶対方位確定天文観測と暦による現在位置推定などである。
こうした知識ルネサンス期ヨーロッパ集積・再整理され、世界大航海時代迎え端緒となった。

この時期の航法は、上記数学的仮定に基づく「推測航法」であった。
あらかじめ判明している位置基準とし、羅針盤方位を、天文観測緯度を、船速を糸で測定する。
それら数学的情報によって現在位置推定し、地図海図を広げていく事により、人類交易圏を速やかに広げていった

しかし、人間計測する情報不正確であったり、サボタージュなどで意図的に狂わされる事もしばしばであった。
古代比べれば遙かに安全であったとは言え遭難危険性無視できない程度に高く、航海は常に命がけの冒険であった。

近代・現代

航法器具時代を経ると共に洗練され、18世紀ごろには誤差1海里程度精度緯度経度推定できるようになった

そして現代ではほぼ全世界地文計測完了し、電子技術発達による新たな航法も生み出されていった

慣性航法
加速度方位積分することにより、初期位置からの移動距離を知ることが出来る。
装置計算精度による誤差蓄積されるため、他の方法地文天測GPS)と併用される。
無線航法TACAN・ロラン・オメガなど)
地上無線施設から発信される電波利用して自身現在位置を知る方法総称
衛星航法NASSGPSなど)
原子時計など)超高精度時計搭載する人工衛星から送信された時間信号により、自身三次元位置を知るもの。
衛星見えない場合もあるため、他の方法併用される。

ナビゲーション

英語 navigation

国内ラリーでは、指示速度沿って走行しているか、計算したり確認する作業コマ図をチェックし、ルート検索する作業など、ドライバーの横に座ったナビゲーターが、ラリースムーズ進行させるための作業を行う。このナビゲーター作業全般をナビゲーションという。最近になって、国内ラリーでもレキ一般的になって、SS中にペースノートを読む機会も増え、ペースノート作成リーディングもナビゲーションに加わった。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ナビゲーション navigation

観察済みあるいは分析済み視野座標データ倍率画像と共に記憶しておき、再度その視野戻りたいときに、画像選択するだけで自動的試料移動倍率設定を行う機能

航法

(NAVigation から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/29 17:11 UTC 版)

航法(こうほう)とは、船舶航空機自動車宇宙機などの移動体において、出発地から経由地、目的地までの航行を導く方法である[1]


  1. ^ 航法(こうほう)[リンク切れ] - Yahoo!百科辞典(日本大百科全書)(2012年2月22日閲覧)
  2. ^ 園山、くらべてわかる、8-29頁
  3. ^ 川崎、船舶の基本と仕組み、54-65頁
  4. ^ 川崎、船舶の基本と仕組み、67頁


「航法」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

NAVigationに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「NAVigation」の関連用語

NAVigationのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ジャズ

74式戦車

バックラッシュ

Bo105

3ピースホイール

96式多目的誘導弾

コスワースDFV

C-5





NAVigationのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
JEOLJEOL
Copyright © 1996-2017 JEOL Ltd., All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの航法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS