Luxury Super Expressとは?

Weblio 辞書 > 電車 > 電車図鑑(小田急) > Luxury Super Expressの意味・解説 

7000形・LSE(Luxury Super Express)

1980年就役流線形展望席といったNSE継承しながらさまざまな面から改良加えました。デビュー時のカラーは、バーミリオンオレンジでしたが、1995年度にHiSEと同じワインレッドカラーに変更しました。1981年ブルーリボン賞受賞

7000形・LSE


小田急7000形電車

(Luxury Super Express から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/29 07:12 UTC 版)

小田急7000形電車(おだきゅう7000がたでんしゃ)は、1980年以降に小田急電鉄(小田急)が運用している特急用車両ロマンスカー)である。




注釈

  1. ^ 生方 (2005) p.37に掲載の図面上では、連結部は小田原方が240mm、新宿方が160mmとなっているため、差異が生じる。
  2. ^ 1・2号車の間と、10・11号車の間。
  3. ^ 『鉄道ピクトリアル』通巻491号 p.32の写真では、牽引機としてEF58形電気機関車の1号機が写っている。
  4. ^ 国鉄の連接車は、試作車両で591系電車キハ391系気動車が存在するが、当時591系は解体済み、キハ391系は車籍はあったが休車状態。
  5. ^ JRになってから製造された車両における連接車は、新幹線の952形・953形、在来線のE993系E331系で、いずれも東日本旅客鉄道(JR東日本)の車両である。E331系以外は営業運転には使用されておらず、同車においても同年代に導入された他のボギー車よりも早く運用を離脱している。
  6. ^ この日に限り片瀬江ノ島まで延長運転(通常は藤沢行)[60]

出典

  1. ^ a b c d e f g 小山 (1985) p.180
  2. ^ a b c d e f g h i j k 大幡 (1988) p.22
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 小山 (1985) p.172
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 大幡 (1988) p.23
  5. ^ a b c d 小山 (1985) p.173
  6. ^ a b c d e 小山 (1985) p.12
  7. ^ 小山 (1985) p.151
  8. ^ a b c 吉川 (1987) p.90
  9. ^ a b c d e f 大幡 (1991) p.193
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m 輿水 (1982) p.85
  11. ^ a b 岸上 (2010) p.272
  12. ^ a b c 大幡 (1999) p.236
  13. ^ a b c d e f g 岸上 (2010) p.275
  14. ^ a b 『鉄道ジャーナル』通巻546号 p.147
  15. ^ a b c d 『鉄道ファン』通巻613号 p.186
  16. ^ 『鉄道ダイヤ情報』通巻145号 p.15
  17. ^ 大幡 (1988) p.16
  18. ^ 大幡 (1988) p.19
  19. ^ a b c d 輿水 (1982) p.81
  20. ^ a b c d e f 輿水 (1982) p.82
  21. ^ a b c d e f g h i 輿水 (1982) p.83
  22. ^ a b c 生方 (1981) p.123
  23. ^ a b 生方 (1988) p.15
  24. ^ a b c d e f g 生方 (2005) p.37
  25. ^ a b c d e f 山下 (1982) p.180
  26. ^ 小山 (1985) p.8
  27. ^ 生方 (1988) p.52
  28. ^ 生方 (2005) p.38
  29. ^ 小山 (1985) p.13
  30. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 輿水 (1982) p.84
  31. ^ 細谷 (1999) p.25
  32. ^ a b c d 生方 (1981) p.129
  33. ^ a b c d 生方 (2005) p.41
  34. ^ a b c d 大幡 (1999) p.235
  35. ^ a b c 小山 (1985) p.9
  36. ^ a b c d e f g 大幡 (1988) p.24
  37. ^ a b c d e f 生方 (1981) p.146
  38. ^ a b c d e f g h i j k l 岸上 (2010) p.274
  39. ^ 生方 (1981) p.29
  40. ^ a b c d e f g 大幡 (1991) p.194
  41. ^ 吉川 (1987) p.77
  42. ^ a b c 『鉄道ピクトリアル』通巻491号 p.32
  43. ^ 生方 (2005) p.36
  44. ^ 生方 (2005) p.39
  45. ^ a b c 小山 (1985) p.129
  46. ^ 青田 (2009) p.144
  47. ^ a b c 『鉄道ピクトリアル』通巻829号 p.181
  48. ^ 生方 (1985) p.123
  49. ^ 青田 (2009) pp.144-145
  50. ^ a b 青田 (2009) p.145
  51. ^ 曽根 (2007) p.10
  52. ^ 生方 (2005) p.130
  53. ^ 『鉄道ジャーナル』通巻522号 p.147
  54. ^ 小田急「LSE」が営業運転に復帰”. 交友社鉄道ファン』railf.jp 鉄道ニュース (2010年4月5日). 2011年8月1日閲覧。
  55. ^ 『鉄道ジャーナル』通巻522号 p.148
  56. ^ 『鉄道ピクトリアル』通巻832号 p.85
  57. ^ a b 『鉄道ファン』通巻613号 p.192
  58. ^ 小田急7000形7003編成が試運転”. 交友社鉄道ファン』railf.jp 鉄道ニュース (2012年3月16日). 2012年3月17日閲覧。
  59. ^ 一部車両の解体について小田急電鉄 2018年3月15日
  60. ^ a b “7月10日(火)、特急ロマンスカー・LSEが定期運行終了” (PDF) (プレスリリース), 小田急電鉄, (2018年5月29日), http://www.odakyu.jp/news/o5oaa10000019eyc-att/o5oaa10000019eyj.pdf 2018年5月29日閲覧。 
  61. ^ “約38年のご愛顧に感謝をこめて 特急ロマンスカー・LSE(7000形) 最終イベント列車を運転 〜LSEに乗って最後の勇姿を見届けて〜” (PDF) (プレスリリース), 小田急電鉄, (2018年7月18日), http://www.odakyu.jp/news/o5oaa1000001b42l-att/o5oaa1000001b42s.pdf 2018年7月19日閲覧。 


「小田急7000形電車」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「Luxury Super Express」の関連用語

Luxury Super Expressのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Luxury Super Expressのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
小田急電鉄小田急電鉄
Copyright 2019 Odakyu Electric Railway Co., Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小田急7000形電車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS