Lumbar punctureとは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > エイズ用語 > Lumbar punctureの意味・解説 

腰椎穿刺

Lumbar puncture

【概要】 業界用語では「ルンバール」。脳脊髄液(CSF)を採取するために、背中から腰椎腰椎の間の隙間をぬって細い針を刺す方法のこと。適応を誤らなければ比較的安全な検査であり外来でもできる。液が洩れ圧力が下がるとひどい頭痛が起こるので、数時間安静を保つ必要がある神経根を傷つけて痛みが残ることがある

《参照》 脳脊髄液中枢神経髄膜炎トキソプラズマ脳症エイズ脳炎


腰椎穿刺

【仮名】ようついせんし
原文】lumbar puncture

脳脊髄液採取薬物投与目的として脊柱下部に針を刺す手技。「spinal tap脊椎穿刺)」とも呼ばれる


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Lumbar puncture」の関連用語

Lumbar punctureのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Lumbar punctureのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2019, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2019 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター

©2019 Weblio RSS