Gossypium arboreum var. indicumとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 植物図鑑 > Gossypium arboreum var. indicumの意味・解説 

わた (棉)

Gossypium arboreum var. indicum

Gossypium arboreum var. indicum

Gossypium arboreum var. indicum

Gossypium arboreum var. indicum

Gossypium arboreum var. indicum

Gossypium arboreum var. indicum

Gossypium arboreum var. indicum

Gossypium arboreum var. indicum

インド中央・南アメリカ原産で、いくつかの種が各地独立して栽培化されました。インドでは、紀元前1900年ごろにはすでに布を織っていたといいます。わが国へは平安時代はじめに渡来しました。熱帯では多年草ですが温帯では一年草となります。8月から10月ごろ、葉腋に柄のある淡い黄色の花を咲かせます。5花弁螺旋状に重なり基部暗赤色です。綿毛綿実油綿実粕として広く利用されています。
アオイ科ワタ属一年草または多年草で、学名は Gossypiumarboreum var. indicum。英名は Cotton
アオイのほかの用語一覧
フヨウ:  芙蓉・連隊旗  赤花芙蓉  酔芙蓉  銀銭花  風鈴仏桑華
ワタ:  アプランド棉  棉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

Gossypium arboreum var. indicumのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Gossypium arboreum var. indicumのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2020 shu(^^). All rights reserved.

©2020 Weblio RSS