Gordon E. Mooreとは?

Weblio 辞書 > 人名 > コンピュータ偉人伝 > Gordon E. Mooreの意味・解説 

ゴードン・ムーア

【英】Gordon E. Moore

ゴードン・ムーアとは、米国物理学者企業経営者である。Intel社の設立者であり、「ムーアの法則」の提唱者としても知られている。1929年1月3日カリフォルニア州サンフランシスコ生まれ2005年現在、Intel名誉会長に就いている。1965年に、彼の唱えた「ムーアの法則」は、半導体産業ガイドライン的な役割を果たすようになる。

1946年サンノゼ州立大学入学専攻化学だった。1948年にはカリフォルニア大学バークレー校転籍卒業後にカリフォルニア工科大学大学院進学した。そこでは赤外線分光学において化学博士号取得している。

1956年半導体分野で名を挙げていたショックレー博士誘いを受け、ショックレー半導体研究所勤める。しかし年月とともに方針差異際立ちはじめ、ゴードン・ムーアを含む8人が、同研究所を去ることとなった。

ゴードン・ムーア
※画像提供 / Intel Corporation

1957年ロバート・ノイスとともにFairchild Semiconductor社を設立1961年にはIC初め商品化し、1個1ドルという破格安価販売していた。そのため60年代後半には同社世界最大半導体メーカーにのし上がっていた。しかし、創立期に資金提供を担った親会社との間に経営方針について対立が生じ始めたのをきっかけに、1968年7月、ゴードン・ムーアはロバート・ノイスと共にIntel社を新たに立ち上げた。ちなみに、この名称は「Integrated Electronics」に由来すると言われている。

創立当初副社長就任したゴードン・ムーアは、1975年から4年間は社長職に、また1979年から8年間は会長務めた。現在は名誉会長として、Intel半導体産業を見守っている。


ゴードン・ムーア

(Gordon E. Moore から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/23 03:53 UTC 版)

ゴードン・ムーア(Gordon E. Moore, 1929年1月3日 - )は、Intel Corporation(インテル)の設立者の一人であり、現名誉会長である(2005年現在)。




「ゴードン・ムーア」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

Gordon E. Mooreに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「Gordon E. Moore」の関連用語

Gordon E. Mooreのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ウォード・カニンガム

ビャーネ・ストロヴストルップ

デニス・リッチー

ジミー・ウェールズ

ウォード・カニンガム

チャールズ・バベッジ

ミッチェル・ケイパー

ジェリー・ヤン





Gordon E. Mooreのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
コンピュータ偉人伝コンピュータ偉人伝
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリゴードン・ムーアの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのゴードン・ムーア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS