Glutamic acidとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > Glutamic acidの意味・解説 

グルタミン‐さん【グルタミン酸】

《glutamic acid》アミノ酸の一。小麦グルテンなどの加水分解によって得られる。白色結晶たんぱく質中に含まれ、動物体内では物質代謝に重要な役割を果たす昆布のうまみの主成分で、調味料として生産される。

[補説] 「具留多味酸」とも書く。


D‐グルタミン酸

分子式C5H9NO4
その他の名称:(-)-グルタミン酸、D-Glutamic acid(-)-Glutamic acid、(-)-D-Glutamic acid、(2R)-2-Aminoglutaric acid、(R)-2-Aminoglutaric acid、(R)-2-Aminopentanedioic acid
体系名:(R)-2-アミノグルタル酸、(R)-2-アミノペンタン二酸、(-)-D-グルタミン酸、D-グルタミン酸、(2R)-2-アミノグルタル酸


グルタミン酸

分子式C5H9NO4
その他の名称:アシグルト、グルタトン、(+)-グルタミン酸、Aciglut、Glutaton、L-Glutamic acid、(+)-Glutamic acid、(+)-L-Glutamic acid、(S)-グルタミン酸、L-α-グルタミン酸、L-α-Glutamate、α-グルタミン酸、α-Glutamate、Glutamic acid、(S)-2-Aminoglutaric acid、(S)-Glutamic acid
体系名:(S)-2-アミノグルタル酸、L-Glu-OH、グルタミン酸、(+)-L-グルタミン酸L-グルタミン酸


グルタミン酸

英訳・(英)同義/類義語:Glu, glutamate, , E , Glu , glutamic acid, Glutamate (glutamic acid), glutamic acid

タンパク質を構成するアミノ酸で、アスパラギン酸同じく残基部分カルボキシル基を持つ酸性アミノ酸略号Glu, E

グルタミン酸

【仮名】ぐるたみんさん
原文】glutamic acid

20種類アミノ酸互いに結合して蛋白形成する分子)のひとつ。グルタミン酸には神経細胞間の情報伝達助け働きもある。抗がん剤原因で生じる神経損傷軽減あるいは予防する作用についても研究されている。「l-glutamic acidl-グルタミン酸)」とも呼ばれる

グルタミン酸

(Glutamic acid から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/09 07:51 UTC 版)

グルタミン酸(グルタミンさん、glutamic acid, glutamate)は、アミノ酸のひとつで、2-アミノペンタン二酸のこと。2-アミノグルタル酸とも呼ばれる。Glu あるいは E の略号で表される。小麦グルテン加水分解物から初めて発見されたことからこの名がついた。英語に準じ、グルタメートと呼ぶこともある。






「グルタミン酸」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Glutamic acid」の関連用語

1
100% |||||

Glutamic acidのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Glutamic acidのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2020 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2020 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのグルタミン酸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS