Gi・bral・tarとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > Gi・bral・tarの意味・解説 

ジブラルタル【Gibraltar】


裏切者(1938)

原題:Gibraltar
製作国:フランス
製作年:1938
配給:
スタッフ
監督:Fedor Ozep フョードル・オツェプ
原作:J. Stelli ジャン・ステリ

Jacques Companeez ジャック・コンパネーズ

J. Jacot J・ジャコー
脚色:Jacques Companeez ジャック・コンパネーズ

E. Neuville E・ヌーヴェル
台詞:Simon Gantillon シモン・ガンチョン
撮影:Ted Pahle テッド・パール
作曲:C. P. Simon C・P・シモン

Paul Dessau パウル・デサウ
セット:Georges Wakhevitch ジョルジュ・ヴァケヴィッチ

Ravaux ラヴォー
キャスト(役名
Viviane Romance ヴィヴィアーヌ・ロマンス (Mercedes
Roger Duchesne ロジェ・デュシェーヌ (Robert Jackson
Georges Flamant ジョルジュ・フラマン (Maori
Erich Von Stroheim エリッヒ・フォン・シュトロハイム (Eric Marson
Yvette Lebon イヴェット・ルボン (Maud
解説
情熱のバラ」「カルメン(1946)」のヴィヴィアーヌ・ロマンス主演する映画で「熱風」「カラマゾフの兄弟」のフョードル・オツェプ監督した1938年作品原作ジャン・ステリジャック・コンパネーズJ・ジャコー三人共同書き海の牙」のジャック・コンパネーズE・ヌーヴェル協力脚色し、劇作家シモン・ガンチョン台詞を書いた。撮影テッド・パール装置ジョルジュ・ヴァケヴィッチラヴォー音楽C・P・シモンパウル・デサウ作曲した。「大いなる幻影」のエリック・フォン・シュトロハイム、二枚目として相当人気あるロジェ・デュシェーヌ、「情熱のバラ」のジョルジュ・フラマン共演し、新人イヴェット・ルボンアベル・ジャッカンジャン・ペリエ等が助演する。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
英国軍用船がジブラルタル寄港したあとで、地中海航行爆沈する事件続発した。国際スパイ団が糸を引いていることは疑いなくジブラルタル要塞司令官対岸のタンジエール港のキャバレー舞姫メルセデスに目をつけ、腹心部下ロベールを彼女に惚れたふりをさせると、果してロベール機密書類盗み出すことを頼まれた。ロベール売国罪となり、二十年の刑に処せられたが、脱獄してメルセデスの許に逃れる。これはすべて司令官話し合せてした事で、ロベール美容院主に化けているスパイ頭目マルソン部下になることが出来た。そして遂に英船爆沈ジブラルタル港で、給炭の折にダイナマイト仕込んだ炭塊を積み込んで、ボイラー爆発させることを知ったロベールは、マルソン秘密無電室からその旨司令官打電した。その夜メルセデスお別れ興行舞台に踊っていた。ロベールマルソン一味と共に見物していると、ロベール倒されていた無電掛が、ロベール裏切マルソン電話知らせた。楽屋そのことを知ったメルセデスは、踊りながらカスタネット電信符号をならし、ロベールに迫った。メルセデススイッチを切ったので、暗黒キャバレー大混乱となったが、警官隊にマルソン一味は補縛された。ロベールマルソンと射ち合い、傷つきながらも敵を射殺した。マルソンに射たれて重傷を負ったメルセデスは、ロベール司令官令嬢愛していることを知ったが、彼女自身が命をかけ愛しロベール介抱され、満足し絶命した。

ジブラルタル

(Gi・bral・tar から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/08 04:02 UTC 版)

ジブラルタル(Gibraltar)は、イベリア半島の南東端に突き出した小半島を占める、イギリス海外領土


  1. ^ a b c d e f g h i j k l 世界大百科事典』第12巻、平凡社、2007年、改訂新版、pp.511-512。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 日本大百科全書』第11巻、小学館、1994年、第2版、pp.147-148。
  3. ^ 原誠、エリンケ・コントレラス、寺崎英樹『クラウン西和辞典』三省堂、2005年。ISBN 978-4385122014
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ブリタニカ国際大百科事典』第8巻、TBSブリタニカ、1995年、第3版、pp.468-469。
  5. ^ a b c d e f g h i j 『スペイン』碇順治(編)、河出書房新社〈ヨーロッパ読本〉、2008年、pp.295-297。ISBN 978-4309619040
  6. ^ a b c d e f 『イベリア』田辺裕(監)、朝倉書店〈図説大百科 世界の地理 10〉、1997年、p.1329。ISBN 978-4254169102
  7. ^ a b c d e f 『スペイン文化事典』川成洋(編)、坂東省次(編)、丸善、2011年、pp.672-673。ISBN 978-4621083000
  8. ^ a b 『スペイン・ポルトガル史』立石博高(編)、山川出版社〈新版 世界各国史 16〉、2000年、pp.319-320。ISBN 978-4634414600
  9. ^ EU Referendum Results BBC News 2018年10月10日閲覧。
  10. ^ スペイン、英領ジブラルタルの共同統治を検討へ”. ロイター (2016年6月24日). 2016年6月26日閲覧。
  11. ^ [1]
  12. ^ a b c d e Katell Abiven (2013年8月14日). “繁栄を謳歌する英領ジブラルタル、不況下スペインの南端で”. AFPBB News. 2013年9月2日閲覧。
  13. ^ a b 『スペイン・ポルトガルを知る事典』編者、平凡社、2001年、新訂増補版、p.452。
  14. ^ 開票結果、まず英領ジブラルタルで判明 残留派96%”. 日本経済新聞社 (2016年6月24日). 2019年1月6日閲覧。
  15. ^ a b 『地球の歩き方 スペイン 2010-2011』ダイヤモンド社、2010年、pp.356-357。ISBN 978-4478058107
  16. ^ a b ブレグジット:ジブラルタルと英国の寓話”. Japan Business Press (2017年3月8日). 2019年1月6日閲覧。
  17. ^ Congress decisions bring Gibraltar on board”. UEFA.com (2013年5月24日). 2013年6月26日閲覧。FIFAがコソボとジブラルタルの加盟を承認、W杯予選出場可能に
  18. ^ https://www.afpbb.com/articles/-/3087082


「ジブラルタル」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

Gi・bral・tarのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Gi・bral・tarのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジブラルタル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS