.fmlとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > OSS用語 > .fmlの意味・解説 

Fml

読み方エフ エム エル

※この用語は、MediaWiki技術的制限から先頭小文字大文字になっています。本来の表記は「fml」です。

深町賢一によって開発された国産メーリングリスト管理ソフトウェア
Perl記述され、管理者向けの設定Webインターフェイス通じて行ったり、購読者のリスト投稿記事データベース保存することができる。開発者日本人であるため、2バイト文字サポートおよび国際化機能優れており、表示メッセージを多国語に対応させることもできる。
関連見出し
Mailman
Majordomo
関連URL
fml project(http://www.fml.org/)

.fml

読み方エフエムエル

.fmlとは、Flashムービーリスト再生させることのできるソフトウェア「FlashPlayerEX」において、ムービーリストを再生するために必要となるリストファイルに付く拡張子のことである。

.fmlファイル作成するためには、FlashPlayerEXの姉妹品である「FmlMaker」と呼ばれるソフトウェアが必要となる。


フルオロメトロン

分子式C22H29FO4
その他の名称:オロロンフルロン、ウルスノン、オキシロン、トリクリン、フルアトン、フルオロン、フルベース、メソフロン、レグレシン、ロチコート、デルメソン、コルチスジン、コルチレット、フルオダーム、フルメトロン、エフルミデックス、フルオロメトロン、FML、Flulon、U 8614、Ursnon、Fluaton、Fluoron、Oxylone、Triclin、Cortilet、Delmeson、Fluoderm、Loticort、Regresin、NSC 33001、Cortisudin、Efflumidex、Flumetholon、Fluorometholone、9α-Fluoro-11β,17α-dihydroxy-6α-methylpregna-1,4-diene-3,20-dione、9-Fluoro-11β,17α-dihydroxy-6α-methyl-1,4-pregnadiene-3,20-dione、オドメール、Odomel、ピトス、Pitos、フルオメソロン、Fluometholone、フルコン、Flucon、フルオロメトロンT、Fluorometholone T
体系名:9α-フルオロ-11β,17α-ジヒドロキシ-6α-メチルプレグナ-1,4-ジエン-3,20-ジオン、9-フルオロ-11β,17α-ジヒドロキシ-6α-メチル-1,4-プレグナジエン-3,20-ジオン


fml

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/30 20:14 UTC 版)

fml(えふえむえる)はメーリングリスト管理ソフトウェア。1993年から、深町賢一により開発およびメンテナンスされている。Perlで書かれており、Perlと同じ(Artistic License)ライセンスとしている。




「fml」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.fml」の関連用語

1
76% |||||

2
54% |||||

3
54% |||||

4
34% |||||


.fmlのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.fmlのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
OSS iPediaOSS iPedia
Copyright © Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2006-2021
拡張子辞典拡張子辞典
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ.fmlの記事を利用しております。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのfml (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS