B中間子とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 物理学 > 中間子 > B中間子の意味・解説 

B中間子

記号電荷質量スピンパリティ寿命分類
-1,0,+15280 MeV01.6ピコ秒中間子

ボトム量子数を持つ中間子クォーク構成:b,u荷電B中間子),b中性の反B中間子), d中性のB中間子)。 中性のものは、粒子反粒子混合起こし一部崩壊時に反粒子変化する。2001年K中間子と同じようにCP非保存現象起こすことが確認された。

b中間子

記号電荷質量スピンパリティ寿命分類
01230MeV他1など10**-23中間子

パリティが+でアイソスピンが1の一連の中間子群。現在のところ、はっきり確認されているのは、質量が1230MeVでスピンが1のもの1つだけである。 クォーク構成:u,d,u,d,s

B中間子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/15 08:09 UTC 版)

B中間子(B meson、B)は、反ボトムクォークアップクォーク(B+)、ダウンクォーク(B0)、ストレンジクォーク(B0s)またはチャームクォーク(B+c)の各々の組合せから構成される中間子である。反ボトムクォークとトップクォークの組合せは、トップクォークの短い寿命のため、存在し得ないと考えられている。反ボトムクォークとボトムクォークの組合せは、B中間子ではなくボトモニウムと呼ばれる。






「B中間子」の続きの解説一覧



B中間子と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「B中間子」の関連用語

B中間子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



B中間子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
素粒子事典素粒子事典
(C) Copyright 2019 Sadaharu UEHARA and Junpei SHIRAI
この記事は、「素粒子事典」の2006年8月3日版を転載しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのB中間子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS