麻の葉楓とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > 植物 > 麻の葉楓の意味・解説 

あさ の はかえで -かへで [5] 【麻の葉楓

カエデ科落葉高木福島県以西山地自生。高さ10メートル達する。は五~七の切れ込みがあり、麻の葉に似る。春、淡黄色小花総状に開く。ミヤマモミジ。

あさのはかえで (麻の葉楓)

Acer argutum

Acer argutum

Acer argutum

わが国本州福島・新潟県以西から四国分布しています。山地谷間などに生え、高さは5~10メートルになります樹皮平滑灰褐色から灰色で、皮目点在します。掌状に5~7裂し、対生します。表面はしわが目立ち、「あさ(麻)」のに似ています。雌雄異株で、5月から6月ごろ、短い総状花序をだし、淡黄緑色の花を咲かせます。果実翼果8月から10月熟し、翼はほとんど平に開きます。
カエデ科カエデ属落葉小高木で、学名Acer argutum。英名はありません。
カエデのほかの用語一覧
カエデ:  野村楓  鉄楓  銀葉楓  雛団扇楓  鹿子木楓  麻の葉楓  麻幹花



麻の葉楓と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「麻の葉楓」の関連用語

麻の葉楓のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



麻の葉楓のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2019 shu(^^). All rights reserved.

©2019 Weblio RSS