高橋道八とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 美術人名辞典 > 高橋道八の意味・解説 

たかはしどうはち -だうはち 【高橋道八】 ○

京都清水焼陶工代々の名。二代が最も名高い〕 (二代)(1783~1855初代重光の子本名光時琳派画風取り入れた独特の華麗意匠茶碗菓子鉢・置き物などを作る粟田口の窯を伏見桃山移したので、その焼き物桃山焼ともいわれる仁和寺伏見宮から「仁」の字を賜り仁阿弥道八とも称した。

高橋道八(二代)


高橋道八(三代)

読み方たかはし どうはち

幕末明治陶工京都の人。二代道八長男。名は道三光英、号は華中亭・道翁。高松藩に招かれ讃岐窯を開き佐賀藩では有田磁器指導した。仁和寺宮より法橋に叙せられる青花白磁焼成成功し、新技術発明した。隠居後は桃山窯に従事した。明治12年(1879)歿、69才。

高橋道八

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/31 03:12 UTC 版)

高橋 道八(たかはし どうはち)は京焼清水焼)の窯元の一つで、陶芸家の名跡。江戸時代後期より作陶に携わり、特に茶道具煎茶器の名品を輩出し続けてきた。




「高橋道八」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「高橋道八」の関連用語

高橋道八のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



高橋道八のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2019 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの高橋道八 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS