高広次平 (3代)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 高広次平 (3代)の意味・解説 

高広次平 (3代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/08 09:32 UTC 版)

3代 高広 次平(たかひろ じへい、1885年明治18年)[注 1]8月3日[1][2] - 1950年昭和25年)9月25日[1][2])は、大正から昭和時代前期の政治家銀行家実業家貴族院多額納税者議員。幼名は欣蔵[2][3]


注釈

  1. ^ 『富山大百科事典 下巻』63頁では1884年(明治17年)。
  2. ^ 『富山大百科事典 下巻』63頁では卒業。

出典

  1. ^ a b c d e f 衆議院、参議院 編 1960, 201頁.
  2. ^ a b c d e f g 『富山大百科事典 下巻』63頁。
  3. ^ a b c d 竹内ほか 1992, 281頁.
  4. ^ a b 『大衆人事録 中部篇』富山10頁。
  5. ^ 『官報』第3931号、大正14年9月30日。


「高広次平 (3代)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「高広次平 (3代)」の関連用語

1
96% |||||

2
4% |||||

高広次平 (3代)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



高広次平 (3代)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの高広次平 (3代) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS