骨盤腹膜炎とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 骨盤腹膜炎の意味・解説 

骨盤腹膜炎

読み方:こつばんふくまくえん
英語:pelveoperitonitispelviperitonitis

骨盤内にある直腸膀胱子宮卵管などを覆っている腹膜の炎症のこと。骨盤感染症PID)の1つ

骨盤腹膜炎は、大腸菌淋菌クラミジアなどの病原菌が、膣から子宮卵管経由して腹腔達し炎症起こすとされる

骨盤腹膜炎の主な症状としては、発熱下腹部痛みなどが挙げられる。

骨盤腹膜炎は抗生物質での治療が多いとされるが、膿瘍のある場合には手術することもあるとされる

骨盤腹膜炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/17 07:01 UTC 版)

骨盤腹膜炎こつばんふくまくえん)は、骨盤内炎症性疾患(Pelvic inflammatory disease : PID)ともいわれ、クラミジア・トラコマチス(Chlamydia trachomatis)、淋菌などの微生物により発生する感染症である。性感染症 (STD)の一種でもある[1] 。急性虫垂炎と誤診される場合がある[2]


  1. ^ a b 骨盤内炎症性疾患 (PID) MSDマニュアル プロフェッショナル版
  2. ^ 花城徳一, 石川正志, 西岡将規 ほか、「急性虫垂炎と診断して手術を行ったクラミジア骨盤腹膜炎の6例」 『日本臨床外科学会雑誌』 2003年 64巻 1号 p.198-201, doi:10.3919/jjsa.64.198, 日本臨床外科学会
  3. ^ 山本均, 伊藤真吾, 小長谷敏浩 ほか、「クラミジア直腸炎の1例」 『日本消化器内視鏡学会雑誌』 1992年 34巻 5号 p.1061-1067, doi:10.11280/gee1973b.34.1061, 日本消化器内視鏡学会


「骨盤腹膜炎」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「骨盤腹膜炎」の関連用語

骨盤腹膜炎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



骨盤腹膜炎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの骨盤腹膜炎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS