骨炭とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 製造業 > > 骨炭の意味・解説 

骨炭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/27 07:53 UTC 版)

骨炭(こつたん)とは、動物を800℃以上の温度で蒸し焼きにして、完全に有機物を炭化させて作った多孔質の黒い粒状の炭である[1]。成分は、原料などによって異なるが、主にリン酸三カルシウム(またはヒドロキシアパタイト)57 - 80%、炭酸カルシウム6 - 10%、活性炭7 - 10%からなる[2]。用途としては、主にろ過や脱色に利用されている。


  1. ^ a b 砂糖の白さは天然の色独立行政法人 農畜産業振興機構
  2. ^ Fawell, John (2006). Fluoride in drinking-water (1st published. ed.). Geneva: WHO. p. 47. ISBN 9241563192. 
  3. ^ Medellin-Castillo, Nahum A.; Leyva-Ramos, Roberto; Ocampo-Perez, Raul; Garcia de la Cruz, Ramon F.; Aragon-Piña, Antonio; Martinez-Rosales, Jose M.; Guerrero-Coronado, Rosa M.; Fuentes-Rubio, Laura (December 2007). "Adsorption of Fluoride from Water Solution on Bone Char". Industrial & Engineering Chemistry Research. 46 (26): 9205–9212. doi:10.1021/ie070023n.
  4. ^ Horowitz, HS; Maier, FJ; Law, FE (1967年11月). “Partial defluoridation of a community water supply and dental fluorosis.”. Public Health Reports 82 (11): 965–72. doi:10.2307/4593174. PMC 1920070. PMID 4964678. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1920070/. 
  5. ^ Mjengera, H.; Mkongo, G. (2003年1月). “Appropriate deflouridation technology for use in flourotic areas in Tanzania”. Physics and Chemistry of the Earth, Parts A/B/C 28 (20-27): 1097–1104. doi:10.1016/j.pce.2003.08.030. 
  6. ^ 炭素系吸着剤による重金属含有廃水の処理(環境技術 著:大阪市立工業研究所 北川 睦夫)
  7. ^ Ko, Danny C.K.; Porter, John F.; McKay, Gordon (2000年12月). “Optimised correlations for the fixed-bed adsorption of metal ions on bone char”. Chemical Engineering Science 55 (23): 5819–5829. doi:10.1016/S0009-2509(00)00416-4. 
  8. ^ Deydier, Eric; Guilet, Richard; Sharrock, Patrick (2003年7月). “Beneficial use of meat and bone meal combustion residue: "an efficient low cost material to remove lead from aqueous effluent"”. Journal of Hazardous Materials 101 (1): 55–64. doi:10.1016/S0304-3894(03)00137-7. 
  9. ^ Chen, Yun-Nen; Chai, Li-Yuan; Shu, Yu-De (2008年12月). “Study of arsenic(V) adsorption on bone char from aqueous solution”. Journal of Hazardous Materials 160 (1): 168–172. doi:10.1016/j.jhazmat.2008.02.120. 
  10. ^ Asadi, Mosen (2006). Beet-Sugar Handbook.. Hoboken: John Wiley & Sons. pp. 333. ISBN 9780471790983. 
  11. ^ Chou, ed. by Chung Chi (2000). Handbook of sugar refining : a manual for the design and operation of sugar refining facilities. New York, NY [u.a.]: Wiley. pp. 368–369. ISBN 9780471183570. 
  12. ^ a b 石器時代の顔料「骨炭」、宇宙時代の探査機で活躍ESA(AFP通信)
  13. ^ Picasso in the Metropolitan Museum of Art p.22
  14. ^ Édouard Manet, 'Music in the Tuileries Gardens', ColourLex
  15. ^ Rembrandt 著者: David Bomford p.44
  16. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典(骨炭)(コトバンク)
  17. ^ 肥料取締法(電子政府の総合窓口e-Gov)
  18. ^ 肥料取締法に基づく特殊肥料等農林水産省


「骨炭」の続きの解説一覧



骨炭と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「骨炭」の関連用語

骨炭のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



骨炭のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの骨炭 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS