駿河竹千筋細工とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 工芸 > 細工 > 駿河竹千筋細工の意味・解説 

駿河竹千筋細工

【工芸品名】
駿河竹千筋細工
【よみがな】
するがたけせんすじざいく
【工芸品の分類】
竹工
【主な製品】
花器盛籠茶托ちゃたく)、盛器、盆、虫籠菓子器
【歴史】
江戸時代初期に、主として武士の内職として始まりました。19世紀中頃竹細工の技を持っていた岡崎藩士が、清水猪兵衛に細工技法伝えたところから、この技を駆使して菓子器虫籠作り東海道上り下りする旅人工芸品として売るようになりました。
【主要製造地域】
静岡県
【指定年月日】
昭和51年12月15日
【特徴】
細く丸く削られた竹ひごしなやか曲げ、竹の輪に組み込んでゆく技法から、色々な形が生み出されます。出来上がりには丸ひごの持つ温かさ柔らかさが感じられます。





駿河竹千筋細工と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「駿河竹千筋細工」の関連用語

駿河竹千筋細工のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



駿河竹千筋細工のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
伝統的工芸品産業振興協会伝統的工芸品産業振興協会
Copyright (C) 2021 (財)伝統的工芸品産業振興協会 All rights reserved.

©2021 Weblio RSS