食養とは?

しょく よう -やう [0] 【食養】

食養生(しよくようじよう)

食養会

(食養 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/11 15:21 UTC 版)

食養会(しょくようかい)とは、石塚左玄が提唱した玄米を基本とした食養を普及・実践する団体である。左玄の食養を実践する団体としては「帝国食育会」という団体が先にあったが[1]、食養会は会長に石塚左玄を迎えて1907年(明治40年)に創設された。設立は、内務省の意向でもあった[2]。食事療法や書籍の刊行、会の趣旨に適う健康食品の販売などを通じて、食事で健康を養うための理論を展開した。


  1. ^ 菟道春千代『食パン亡国論』 食養新聞社、1906年(明治39年)、広告欄。
  2. ^ a b 「食生活」が創刊100年 (YOMIURI ONLINE)(読売新聞、2006年2月27日)
  3. ^ a b 食養の生涯, p. 3.
  4. ^ a b c d e f 食養の生涯, pp. 43-47.
  5. ^ 石塚左玄、橋本政憲・現代語訳『食医石塚左玄の食べもの健康法-自然食養の原典「食物養生法」現代語訳』、農文協、2004年。ISBN 978-4540033360。102頁。
  6. ^ 田中聡 『怪物科学者の時代』 晶文社、1998年、161頁。ISBN 4794963467
  7. ^ a b c d e 佐藤信「明治期の食育運動:『食養新聞』と帝国食育会」、『北海学園大学経済論集』第57巻第3号、2009年12月、 87-96頁、 NAID 110007648073
  8. ^ a b c d 食養の生涯, p. 49.
  9. ^ 食養の生涯, p. 52.
  10. ^ 食養の生涯, pp. 2, 12.
  11. ^ a b 食養の生涯, p. 350.
  12. ^ 食養の生涯, pp. 17-19.
  13. ^ 桜沢如一 『アルバムジョージオーサワ―桜沢如一資料集』 日本CI協会、n.d.、11頁。
  14. ^ 食養の生涯, p. 53.
  15. ^ a b 食養の生涯, p. 2.
  16. ^ a b 『アルバムジョージオーサワ』 日本CI協会、11頁。
  17. ^ 田中聡 『怪物科学者の時代』 晶文社、1998年3月。ISBN 978-4794963468。183頁。
  18. ^ 桜沢如一 『世界無銭武者旅行―第一期五ケ年の報告 東洋思想と西洋思想の対決』 日本CI協会、1958年
  19. ^ 久司道夫『久司道夫のマクロビオティック 入門編』東洋経済新報社、2004年、ISBN 978-4492042106
  20. ^ a b c 食養の生涯, pp. 19, 23-26.
  21. ^ a b 食養の生涯, p. 351.
  22. ^ 『新食養』1号(通巻95号)、6頁。
  23. ^ 食養の生涯, p. 51.
  24. ^ 山岸晟 「国民食協会の新発足に際して」『食養』 37(4)、4-5頁。
  25. ^ 「わたくしたちの菜食主義」『平塚らいてう評論集』岩波文庫
  26. ^ a b 月刊「食生活」Facebook”. 2017年5月15日閲覧。


「食養会」の続きの解説一覧





食養と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「食養」の関連用語

食養のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

リボンアオサ

灰鉄かんらん石

カボッションカット

マンドリル

コオバシギ

マシェット

アメリカ・カリフォルニア・ワイン

KTM 85 SX





食養のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの食養会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS