電子地図とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 地図 > 地図 > 電子地図の意味・解説 

でんし‐ちず〔‐チヅ〕【電子地図】


電子地図(でんしちず)(digital map)

デジタル情報によって作成され地図のこと

情報技術(IT)の成果ひとつとして従来は主に紙媒体だった地図パソコンなどで扱うことのできるデジタル情報表現できるようになった紙媒体よりも多い情報盛り込むことができる。

最近さまざまな地理情報データベースにまとめ、空間的に情報取り扱うことのできる地理情報システムGIS)の利用広がっている。緯度・経度住所どの位情報を電子地図に結びつけることによって、電子地図から多く情報取り出すことが可能となった

例えば、顧客属性地理的な分布などを分析し新規店舗出店判断利用するマーケティング・ツールとしての利用価値が高い。また、国や地方行政機関都市計画災害対策などに利用するケース増えている。

さらに、インターネットなどの通信技術併用すれば、電子地図の情報をいつも最新の状態に保つことができる。店舗情報道路情報などの更新素早く反映され古くなったからといって地図買い換える要はなくなる。

地球測位システムGPS)の機能組み入れた携帯電話で、自分のいる場所などが地図表示されるのも、比較新し技術だ。

関連キーワード「地球測位システムGPS)」

(2002.08.30更新


電子地図

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/24 00:16 UTC 版)

道路地図」の記事における「電子地図」の解説

カーナビゲーション用などに、道路地図電子データコンピュータ用データ)で存在する日本場合基本的に幅員3.0m以上の道路データ全国整備1995年完成したカーナビゲーション用の道路地図特徴は、単に道路ベクトル形式存在することだけでなく、道路交差点グラフ理論でいうリンクとノードの関係で接続されているである。このデータ構造があるために、ルート検索において、出発点から到達点まで、交差点経由して道路をたどることができる。

※この「電子地図」の解説は、「道路地図」の解説の一部です。
「電子地図」を含む「道路地図」の記事については、「道路地図」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「電子地図」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



電子地図と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「電子地図」の関連用語

電子地図のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



電子地図のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2024 時事用語のABC All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの道路地図 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS