電動こけしとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 電動こけしの意味・解説 

電動こけし

読み方:でんどうこけし
別表記:電動コケシ

性具としてのバイブレーター通称。膣に挿入し、振動やうねりによって女性器快感もたらすためなどに用いられる道具

バイブレータ (性具)

(電動こけし から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/25 03:13 UTC 版)

バイブレーターとは、振動などにより性的快楽を得る性具のこと。女性のに挿入出来るようになっており、女性器性感帯を振動や動きで刺激し性的快楽を得ることができる。主にディルド型とカプセル型に分かれる。なお振動の機構を備えていないものについては「張型」(ディルド)を参照。


  1. ^ 『エロ街道』p.172、『セックスというお仕事』 p.235
  2. ^ 『セックスというお仕事』 p.235
  3. ^ 『エロ街道』p.178 -
  4. ^ 『エロ街道』p.178 -
  5. ^ 薬事法による規制のため実際には「玩具」「ジョークグッズ」などとして扱われる。
  6. ^ 『エロ街道をゆく』p.169
  7. ^ 『エロ街道をゆく』によれば、あくまでこれはただのオブジェであり、購入者が勝手に膣や肛門にこれを挿入すると言う目的外利用を行っているに過ぎない、との建前、とのことである。同書によれば別件逮捕の種に使われる事もままあるらしい。
  8. ^ 『アクション大魔王』によれば「フリッパー」と呼ばれる部分。
  9. ^ 『エロ街道』p.196 に、バイブレーターによる自慰に初めて挑戦した女性があろう事か「スペシャルビッグ」サイズのものを試してしまい、自慰どころの話ではなかったとの証言がある。また、成年コミックやシモネタエッセイコミックを多く手がけている女性漫画家後藤羽矢子は、そのエッセイコミック『実録ですよっ! パヤパヤライフ 2』の中で、巨大なバイブレーターの使用感を、「おなかは苦しいしピストンしにくいしでイマヒトツでした」と述べている。
  10. ^ 『エロ街道』p.182
  11. ^ 『エロ街道』p.203


「バイブレータ (性具)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「電動こけし」の関連用語

電動こけしのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



電動こけしのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバイブレータ (性具) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS