陸続とは?

りく ぞく [0] 【陸続】

トタル ) [文] 形動タリ
あとからあとからと絶えないで続くこと。 「同志が-と集まる」 「小身貴族悉く、-同盟なしたりけり/慨世士伝 逍遥

陸続

出典:『Wiktionary』 (2010/05/01 09:49 UTC 版)

副詞

りくぞく

  1. 絶え間なく続くこと。続々

形容動詞

  1. 絶え間なく続いている。
    その煙の奥の方から本郷の方へと陸続と避難して来る人々中には顔も両手癩病患者のように火膨れのしたのを左右二人で肩に凭らせ引きずるようにして連れて来るのがある。(寺田寅彦震災日記より』)

活用

タルト活用
陸続-と



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「陸続」の関連用語

陸続のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



陸続のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの陸続 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS