陀々堂の鬼はしりとは?

Weblio 辞書 > 文化 > 国指定文化財等データベース > 陀々堂の鬼はしりの意味・解説 

陀々堂の鬼はしり

名称: 陀々堂の鬼はしり
ふりがな だだどうのおにはしり
種別1: 風俗習慣
保護団体名: 念仏寺鬼はしり保存会
指定年月日 1995.12.26(平成7.12.26)
都道府県(列記): 奈良県
市区町村(列記): 五條市大津町
代表都道府県 奈良県
備考 公開日:毎年1月14日
解説文: わが国各地には年頭に当たって鬼を追い除災招福を祈る行事が残っている。鬼祭などとよばれるこの行事は、鬼の逃げ回ることを強調して鬼はしりなどともよばれる。鬼に災厄一切仮託しこれを追って厄を払う風習は、追儺【ついな】や修正会等の行事伴って行われることが多い。このなかで鬼が追われる対象ではなく幸いをもたらす役割を担う例もみられる大分県国東半島修正鬼会の鬼などはその代表的なものであるが、奈良県五條市大津【おおづ】町の念仏寺行われる陀々堂【だだどう】の鬼はしり行事の鬼もその一つである。
 念仏寺平安時代末期東大寺領豊井庄の一部として登場する坂合部【さかいべ】郷一二の郷寺といわれ、郷内の諸寺院本山格を務めていたが、現在は真言宗属す無住寺院となっている。この地域支配した土豪坂合部氏は、天正二年(一五七四)高野山衆徒攻撃を受けて没落するが、その末裔代々念仏寺別当務めてきた。
 坂合部郷一二は、近世には中【なか】大野【おおの】村・山陰【やまかげ村・田殿【たどの】・大深【おおぶか】黒駒【くろま】・表野【ひようの】大津【おおづ】火打【ひうち】犬飼【いぬがい】村・上野【こうづけ相谷【あいたに】として独立となった。しかし、吉野川隔て河北河南のこれらの々は、中世後期から坂合部山という広大共有地を持っており、近世以降実質的にはこの山を中心に郷という共同体維持してきたのである。陀々堂の鬼はしりはこの坂合部郷一二に、明治二十二年から坂合部新田辻【かしつじ】が加わり、一四の地区の約六〇〇戸が維持運営する行事である。なお、坂合部郷の共有山林は現在約五〇〇町歩あり、昭和三十二年から財団法人坂合部自治会組織して管理している。
 行事は一四地区の代表と財団法人坂合部自治会、坂合部郷中代表などからなる総代会と、鬼はしりの諸役務め実質的にこれを執行する保存会によって行われる。鬼はしりの諸役は、本役などとよばれる鬼役三名カッテ火手)役一名スケ(助)役四名、カワセ五名貝吹き二名太鼓打ち役一名、棒打ち三名、鉦打ち一名からなる。鬼は赤鬼面をつけ右手に斧を持った父鬼と、青鬼面をつけ捻木を持った母鬼、赤鬼面をつけを持った子鬼である。ほかに屋外柴灯護摩焚く行者がおり、これは郷外から依頼している。
 一月八日三人鬼役別火精進に入る。かつては念仏寺境内にあった籠堂に籠ったが、現在は朝の水垢離一緒に取るほかはそれぞれ自宅精進潔斎する。精進内容水垢離をとり別火し、精進料理で過ごすことである。この間女手避け、人にものを貰ってはならず、人が口を付け料理などは一切食べないことが守られる。これは、鬼は阿弥陀様の使い羅漢様であり最高のものだから人に後れをとることはしないのだという。
 十二日、鬼役一人当屋となり、他の鬼役カッテ役を招いて昼食夜食振る舞う。これも精進料理であり女手避け自分作るカッテ役はこの日から精進潔斎に入る。この日の午後カンジョウリという紙縒【こより】を作る。これは鬼はしりの当日、各鬼の両手両足それぞれか所ずつ、計一六か所を縛るものである。またこの日、鬼役カッテ役が中心となり、朝から念仏寺に集まって鬼はしりの準備をする。これは、鬼の井戸への道作り、鬼の井戸井戸替え松明の製作などである。鬼の井戸以前吉野川近接してあったが、洪水に遭い現在では念仏寺境内一隅に移されている。松明鬼役三本カッテ役用一本迎え松明一本の計五本を、それぞれの役に当たった家で作る松明長さ六〇センチ太さ四、五センチほどのの角板を輪に並べ、底面直径三〇センチ口径五〇センチほどの筒を作り、これに紙を巻いた藁縄二重にして五か所結んで止め燃焼部分として小割にした肥松差し込んだ、総高一・一メートル重さ約六〇キロほどのものである。この肥松同士ハナワという親指大の太さ紙縒で輪に結ぶ。松明本体四年目ごとに作り替え肥松毎年新調される。なお、迎え松明直径一五センチほどに細く作りカッテ役用松明は鬼用の松明よりやや小さめに作られる。
 この日から西金寺【さいごんじ】の住職によって念仏寺修正会法要始められる。
 十四日は午後一時頃より西金寺住職導師として旧坂合部郷内降霊寺【ぶりようじ】・転法輪寺てんぽうりんじ】・生蓮寺【しようれんじ】・吉祥寺【きつしようじ】の住職と、郷内檀家をもつ野原金剛寺こんごうじ】の住職が加わり、大般若経六〇〇巻の転読が行われる。この間本尊裏側鬼役衣装を整える。転読終了すると昼の鬼はしりが行われ、同時に本尊背後板壁を棒で叩く阿弥陀さんの肩叩きが行われる。

このページでは「国指定文化財等データベース」から陀々堂の鬼はしりを検索した結果を表示しています。
Weblioに収録されているすべての辞書から陀々堂の鬼はしりを検索する場合は、下記のリンクをクリックしてください。
 全ての辞書から陀々堂の鬼はしりを検索

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「陀々堂の鬼はしり」の関連用語

陀々堂の鬼はしりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



陀々堂の鬼はしりのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2019 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS