間葉系幹細胞とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 細胞 > 幹細胞 > 間葉系幹細胞の意味・解説 

間葉系幹細胞


間葉系幹細胞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/16 22:58 UTC 版)

間葉系幹細胞(かんようけいかんさいぼう、: Mesenchymal stem cell)は、中胚葉性組織(間葉)に由来する体性幹細胞間葉系に属する細胞への分化能をもつ。血管心筋の再構築などの再生医療への応用が期待されている。採取する組織により特性が異なるため、採取する組織ごとに骨髄由来幹細胞(: bone marrow stem cell)、脂肪組織由来幹細胞(: adipose-derived stem cell)などとも呼ばれる。




「間葉系幹細胞」の続きの解説一覧



間葉系幹細胞と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「間葉系幹細胞」の関連用語

間葉系幹細胞のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



間葉系幹細胞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの間葉系幹細胞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS