鉄酸塩とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 分子化学 > 酸塩 > 鉄酸塩の意味・解説 

鉄酸塩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/12/28 08:33 UTC 版)

鉄酸塩(てつさんえん、: ferrate)は、酸化数が6の鉄酸イオン (鉄(VI)酸イオン) FeO42- を含むの総称であり、鉄(VI)酸塩とも呼ばれる。鉄酸塩は、アルカリ条件下または固体の状態で強酸化剤とともに鉄粉硝酸カリウム粉末の混合物を熱することで形成するが、これは中性から酸性条件では特に不安定である。鉄酸塩の水溶液は、濃度が薄いとき桃色で濃いときは深赤色を呈する。鉄酸イオンは過マンガン酸イオンよりも強力な酸化剤で、アンモニア窒素酸化させるほどの酸化力を持つ。




「鉄酸塩」の続きの解説一覧



鉄酸塩と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鉄酸塩」の関連用語

鉄酸塩のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鉄酸塩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鉄酸塩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS