鈴木豊明とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 現代俳句人名事典 > 鈴木豊明の意味・解説 

鈴木豊明

鈴木豊明の俳句

ひらがなカード並べられない微熱あるか
木漏れ日の吐息落し穴が見えない
神域のすき間黒子に声かけられる
篆刻のすき間赤い雨貯めておく
骨折つながったとどかない吊革がある
 

鈴木豊明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/14 10:07 UTC 版)

鈴木 豊明(すずき とよあき、生年不詳 - )は、日本の元子役[1]。本名は不明[1]


  1. ^ a b c d 『別冊映画秘宝 初代ゴジラ研究読本』洋泉社(洋泉社MOOK)、2014年、「ゴジラの登場人物」35頁。


「鈴木豊明」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「鈴木豊明」の関連用語

鈴木豊明のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鈴木豊明のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鈴木豊明 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS