鈍付とは?

どん‐つく【鈍付】

1 〔名〕

① (形動) にぶいこと。愚鈍なこと。また、そのさまやその人。のろま。

雑俳柳多留三五(1806)「たいこ持さてどんつくでいけぬもの」

太神楽(だいかぐら)の相手をして、滑稽な役をつとめる道化役の者。

歌舞伎神楽諷雲井曲毬どんつく)(1846)「オイどんつくお主の国にゃア、こんな面白い事はあるめえの」

③ 「どんつくぬのこ鈍付布子)」の略。

評判記嗚久者評判記(1865)「ふだん着なれたどんつくを、曲てこよひもしっぽりと」

2どんつく歌舞伎所作事常磐津本名題神楽諷雲井曲毬(かぐらうたくもいのきょくまり)」。三世桜田治助作。五世岸沢式佐作曲西川巳之助振付弘化三年一八四六江戸市村座初演太神楽曲毬と、これにからむ田舎者下男どんつくの手踊を中心に芸者白酒売なども踊る仕抜き舞踊




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鈍付」の関連用語

鈍付のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鈍付のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS