金聖響とは?

金聖響

以下の映画金聖響関連しています。


金聖響

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/13 08:51 UTC 版)

金 聖響(きむ せいきょう / 김성향(キム・ソンヒャン)、本名非公表、1970年1月12日 - )は、在日韓国人3世のクラシック音楽指揮者


  1. ^ 大阪センチュリー交響楽団2003年1月10日、金聖響さんインタビュー (リンク切れ)
  2. ^ お得意様の一人「金聖響」さん
  3. ^ a b c d e BIOGRAPHY
  4. ^ 佐野光徳 職歴 - 株式会社クリスタルアーツ
  5. ^ a b 週刊文春2014年12月18日号/有料エリア内
  6. ^ a b c d e f g h i j 「週刊文春」2014年12月18日号、162頁。
  7. ^ グリーンの教え
  8. ^ GRist11回目
  9. ^ “ミムラ 指揮者・金聖響氏と“共演婚””. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2006年11月19日23:49). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2005kekon/KFullNormal20061119123.html 2010年8月30日13:13閲覧。 
  10. ^ “ミムラ、14歳年上指揮者と離婚!!”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2010年10月9日12:07). http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20101009-OHT1T00134.htm 2010年10月9日14:10閲覧。 
  11. ^ a b 株式会社インタラクティブメディアミックスTOKYOカオスエリアコレクション(TCC2)、2019年08月27日
  12. ^ 金聖響常任指揮者への証人尋問で明らかにVivace 14号、2013.10.30
  13. ^ 金聖響がフランダース交響楽団の首席指揮者に就任 『ぶらあぼ』[リンク切れ]同Web版2010年5月16日付
  14. ^ Guest Konduktors - フランダース交響楽団公式サイト
  15. ^ サモンプロモーション公式発表
  16. ^ “気鋭のイケメン指揮者・金聖響が「佐村河内守」をネタに借金2億円トラブル”. 週刊文春WEB. (2014年12月10日). http://shukan.bunshun.jp/articles/-/4637 2015年4月4日閲覧。 
  17. ^ 全国ツアー熊本県立劇場パンフレット
  18. ^ 「ぶらあぼ」2013年6月号、佐村河内 守のインタビュー[要ページ番号]
  19. ^ Webぶらあぼ2013年6月号[リンク切れ]
  20. ^ 全国ツアーのプログラムでの佐村河内守のインタビュー「金聖響さんは私が指名しました。私なりの方法で調べたりして、いま一般に評価されているよりも高く深い潜在能力を感じます。違った切り口の”HIROSHIMA”が生まれてくるのではないかと期待しています」
  21. ^ 「週刊文春」2014年12月18日号、160頁。
  22. ^ a b c d e 「週刊文春」2014年12月18日号、161頁。
  23. ^ エキサイトニュース2014年12月11日 佐村河内守に便乗か…女優・ミムラ元夫に醜聞が噴出
  24. ^ a b 3900万円詐取容疑 指揮者の元マネジャー逮捕 大阪―大阪府警
  25. ^ 有名指揮者元マネジャー逮捕=トラブル乗じ父親から詐欺容疑―大阪府警~リンク切れ
  26. ^ 有名指揮者元マネジャー逮捕=トラブル乗じ父親から詐欺容疑―大阪府警
  27. ^ Cello Symphony / Cello Suite no. 1


「金聖響」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「金聖響」の関連用語

金聖響のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



金聖響のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの金聖響 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS