金属カルボニルとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 金属カルボニルの意味・解説 

金属カルボニル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/23 09:47 UTC 版)

金属カルボニル(きんぞくカルボニル、: metal carbonyl)は、一酸化炭素配位子にもつ遷移金属錯体である。これにはニッケルカルボニル Ni(CO)4 のようなホモレプティックな(CO 配位子のみを含む)錯体があるが、一般的には金属カルボニルは Re(CO)3(2,2'-bipyridine)Cl のように複数の配位子をもつ。一酸化炭素はヒドロホルミル化のような多くの化合物の合成における重要な原料である。金属カルボニル触媒はその利用において中心的な位置を占める。ヘモグロビンと結合してカルボキシヘモグロビンを与え、ヘモグロビンを酸素と結合できなくさせる性質のため、金属カルボニルは有毒である[1]


  1. ^ a b Elschenbroich, C. ”Organometallics” (2006) Wiley-VCH: Weinheim. ISBN 3-527-29390-6
  2. ^ P. J. Dyson and J. S. McIndoe, Transition Metal Carbonyl Cluster Chemistry, Gordon & Breach: Amsterdam (2000). ISBN 9056992899.
  3. ^ A.D. Allian, Y. Wang, M. Saeys, G.M. Kuramshina, M. Garland (2006年). “The combination of deconvolution and density functional theory for the mid-infrared vibrational spectra of stable and unstable rhodium carbonyl clusters”. Vibrational Spectroscopy 41: 101–111. doi:10.1016/j.vibspec.2006.01.013. 
  4. ^ Bioorganometallics: Biomolecules, Labeling, Medicine; Jaouen, G., Ed. Wiley-VCH: Weinheim, 2006.3-527-30990-X.
  5. ^ Feldmann, J. (1999年). “Determination of Ni(CO)4, Fe(CO)5, Mo(CO)6, and W(CO)6 in sewage gas by using cryotrapping gas chromatography inductively coupled plasma mass spectrometry”. Journal of Environmental Monitoring 1: 33–37. doi:10.1039/a807277i. 
  6. ^ 106番元素シーボーギウム(Sg)のカルボニル錯体の合成に成功理化学研究所、2014年9月19日、2018年12月23日閲覧
  7. ^ Ellis, J. E. (2003年). “Metal Carbonyl Anions: from [Fe(CO)4]2- to [Hf(CO)6]2- and Beyond”. Organometallics 22: 3322–3338. doi:10.1021/om030105l. 
  8. ^ Finze, M.; Bernhardt, E.; Willner, H.; Lehmann, C. W.; Aubke, F. (2005年). “Homoleptic, σ-Bonded Octahedral Superelectrophilic Metal Carbonyl Cations of Iron(II), Ruthenium(II), and Osmium(II). Part 2: Syntheses and Characterizations of [M(CO)6][BF4]2 (M = Fe, Ru, Os)”. Inorg. Chem. 44 (12): 4206–4214. doi:10.1021/ic0482483. PMID 15934749. 
  9. ^ Pearson, Ralph G. (1995年). “The Transition-Metal-Hydrogen Bond”. Chem. Rev. 95: 41. doi:10.1021/cr00065a002. 
  10. ^ Hayton, T. W.; Legzdins, P. and Sharp, W. B., "Coordination and Organometallic Chemistry of Metal-NO Complexes", Chemical Reviews, 2002, volume 102, 935-991.doi:10.1021/cr000074t
  11. ^ Petz, W., "40 years of transition-metal thiocarbonyl chemistry and the related CSe and CTe compounds", Coordination Chemistry Reviews, 2008, 252, 1689-1733.doi:10.1016/j.ccr.2007.12.011.
  12. ^ Hill, A. F.; Wilton-Ely, J. D. E. T. (2002年). “Chlorothiocarbonyl-bis(triphenylphosphine) iridium(I) [IrCl(CS)(PPh3)2]”. Inorg. Synth. 33: 244–245. doi:10.1002/0471224502.ch4. 


「金属カルボニル」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「金属カルボニル」の関連用語

金属カルボニルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



金属カルボニルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの金属カルボニル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS