重酒石酸コリンとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 重酒石酸コリンの意味・解説 

重酒石酸コリン

読み方:じゅうしゅせきさんコリン

医薬品などに用いられる添加剤一種で、抗う作用肝機能の向上などの効果があるとされる物質肝不全などの症状に対して用いられる。アセチルコリン呼ばれる神経伝達物質生成する前段階物質前駆体)である。

重酒石酸コリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/04 17:28 UTC 版)

重酒石酸コリン(じゅうしゅせきさんコリン)は、コリン重酒石酸塩で、化学式C9H19NO7で表される有機化合物である。アセチルコリン前駆体であり、抗うつ作用や機能向上を目的として医薬品スマートドラッグに使用される[3][4]




「重酒石酸コリン」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「重酒石酸コリン」の関連用語

重酒石酸コリンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



重酒石酸コリンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2019 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの重酒石酸コリン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS