醸造アルコールとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > > アルコール > 醸造アルコールの意味・解説 

じょうぞう‐アルコール〔ヂヤウザウ‐〕【醸造アルコール】

サトウキビ・トウモロコシ・コメなどを発酵させ、蒸留繰り返して得たエタノール日本酒香り出し品質調整などに使われる。また、アルコール度数を低くしたもの甲類焼酎となる。醸造用アルコール


醸造アルコール(じょうぞうあるこーる)

清酒原料として使用されるアルコールのこと。清酒原料用アルコール澱粉質物や含糖質物発酵させ蒸留してつくられるアルコールのみで、合成アルコールなどはいっさい使われていないことから、製法品質表示基準では醸造アルコールと呼び明確に区別している。

醸造アルコール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/07 03:50 UTC 版)

醸造アルコール(じょうぞうアルコール)とは、食用に用いられるエタノールのこと。醸造用アルコールともいう。主に日本酒清酒)などの増量、品質調整、アルコール度数の調整などに用いられる。普通酒や三倍増醸清酒とは違い、吟醸酒本醸造酒は、原料となる白米の重量の10%以下と添加量の上限が定められており、増量を目的としていない[1][2]




「醸造アルコール」の続きの解説一覧



醸造アルコールと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「醸造アルコール」の関連用語

醸造アルコールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



醸造アルコールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本酒日本酒
(c)Copyright 1999-2020 Japan Sake Brewers Association
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの醸造アルコール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS