酪農ヘルパー制度とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 農業 > 酪農 > 酪農ヘルパー制度の意味・解説 

酪農ヘルパー制度


酪農は、牛という生き物相手365日間休むことなく乳を搾ることが必要なので、他の業種比べても労働時間多くなります。したがって、酪農家家族旅行することはもちろん、病気をしてもなかなか休むことはできませんでした酪農家長年願いであった、この厳し労働条件改善実現したのがヘルパー制度導入です。
これは酪農家がどうしても農作業できない日に、ヘルパーが代わって作業行なうもので、現在、全国酪農家68%が利用し、特に北海道では83%と利用率が高くなっています。ヘルパー自体も若いビジネスマンOLからの転身が増え、全国2600人に達しています。これはヘルパー1人に、約15戸の酪農家が頼っている計算です。またヘルパー中には酪農技術学びながら、将来、自ら酪農家志す若者が増えています。女性専任ヘルパー年々増加し、230名を超えています。専任ヘルパーは、雇用保険などが整っていることもあって、新規就農の場として女性人気が出ているようです
1999年度の調査では、ヘルパー利用した酪農家徐々に増加し、年間利用日数13日増加しています。月に1日農休日こうした考え方が、酪農家にも広く浸透てきているのです。また、農水省昨年度からヘルパー利用した酪農家助成金支給する利用拡大事業をはじめています。こうした環境整備も、酪農家ヘルパー利用促進しているようです







<ミルククラブ情報誌2001 SUMMER vol.40より>



酪農ヘルパー制度と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「酪農ヘルパー制度」の関連用語

酪農ヘルパー制度のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



酪農ヘルパー制度のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
一般社団法人中央酪農会議一般社団法人中央酪農会議
(C) 2020 Japan Dairy Council All right reserved.

©2020 Weblio RSS