郷学とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 教育 > 学校 > 郷学の意味・解説 

きょう がく きやう- [0] 【郷学】

ごうがく(郷学)

ごう がく がう- [0] 【郷学】

村里学校
郷校ごうこう

郷学

読み方:ゴウガク(gougaku)

江戸時代から明治初期地方教育機関の一。

別名 郷校(ごうこう)


郷学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/20 08:42 UTC 版)

郷学(ごうがく[1][2][3]、きょうがく[1])は、江戸時代から明治初年にかけて存在した教育機関の一種。郷校(ごうこう)、郷学校(ごうがっこう)など[注釈 1]ともいう。


注釈

  1. ^ ほかに郷黌(ごうこう)[1][3]、郷学所[1][3]などともいう。明治初期には義校[1]などの名称も用いられた。
  2. ^ 1872年(明治5年)の学制では学区制が敷かれ、初等教育機関として尋常小学校(下等4年、上等4年)や女児小学・村落小学など(4年制)が規定された。その後1879年(明治12年)の教育令では学区制を廃止した上で教育権限の多くを地方に移し、小学校は初等科3年・中等科3年・高等科2年と規定された。1886年(明治19年)の第一次小学校令学校令のひとつ)により尋常小学校(4年制・義務教育)と高等小学校(4年制)が設けられた(旧制小学校)。日本の学校制度の変遷も参照。
  3. ^ 戸籍編成上の行政区画。大区小区制のバリエーションで「単一区制」と言われる。明治7年以降堺県でも大区小区制に移行した。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 木槻哲夫. “郷学”. 日本大百科全書(ニッポニカ)(コトバンク所収). 2019年8月6日閲覧。
  2. ^ a b c d 郷学”. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典(コトバンク所収). 2019年8月6日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 郷学”. 世界大百科事典 第2版(コトバンク所収). 2019年9月4日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i 稲垣忠彦 (2003). “郷学校の発展と学習内容”. 帝京大学文学部紀要教育学 28. https://appsv.main.teikyo-u.ac.jp/tosho/tinagaki28.pdf 2019年8月6日閲覧。. 
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 幕末期の教育”. 学制百年史. 文部科学省. 2019年8月6日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h 太田素子 (2010). “〈研究ノート〉郷学「継声館」の足跡と『継声館日記』の人々”. 和光大学現代人間学部紀要 3. https://www.wako.ac.jp/_static/page/university/images/_kiyo3-14.35ddf115bbaff0fd38707ff8dd51f251.pdf 2019年8月6日閲覧。. 
  7. ^ a b c d e f g h i 森田智幸 (2011). “『日本教育史資料』における「郷学」概念の成立と変容”. 東京大学大学院教育学研究科紀要 51. http://hdl.handle.net/2261/51349 2019年8月6日閲覧。. 
  8. ^ a b c d e 木槻哲夫. “教諭所”. 日本大百科全書(ニッポニカ)(コトバンク所収). 2019年9月4日閲覧。
  9. ^ 教諭所”. デジタル大辞泉. 2019年9月4日閲覧。
  10. ^ a b 郷学五惇堂の碑”. 伊勢崎市. 2019年8月20日閲覧。
  11. ^ 含翠堂跡”. 大阪市. 2019年9月4日閲覧。
  12. ^ a b c d e 明治維新直後の教育改革”. 学制百年史. 文部科学省. 2019年8月6日閲覧。
  13. ^ a b c d e f g h i j k l 第ニ章 歴史年表その2(明治・大正)”. 殿二校区コミュニティ協議会. 2019年11月20日閲覧。
  14. ^ 戸祭由美夫 (1976). “堺市における通学域の変遷”. 人文地理 28 (4). https://www.wako.ac.jp/_static/page/university/images/_kiyo3-14.35ddf115bbaff0fd38707ff8dd51f251.pdf 2019年11月20日閲覧。. 
  15. ^ 高砂小学校の歴史”. さいたま市立高砂小学校. 2019年9月4日閲覧。
  16. ^ 学校案内”. さいたま市立岩槻小学校. 2019年9月4日閲覧。
  17. ^ 蕨市立北小学校の沿革”. 蕨市立北小学校. 2019年9月4日閲覧。
  18. ^ 学校の概要”. 坂戸市立大家小学校. 2019年9月4日閲覧。
  19. ^ ぐるーぷ倶楽志in飯能 第7号 (pdf)”. ぐるーぷ倶楽志in飯能 (2010年1月20日). 2019年9月4日閲覧。
  20. ^ 田中三興”. デジタル版 日本人名大辞典+Plus(コトバンク収録). 2019年9月4日閲覧。
  21. ^ 学校の沿革”. 狭山市立水富小学校. 2019年9月4日閲覧。
  22. ^ 清水宗徳 (pdf)”. 狭山市. 2019年9月4日閲覧。
  23. ^ 埼玉県教育史 第3巻 目次”. 埼玉県. 2019年9月4日閲覧。
  24. ^ a b c d e No.22 稲城第一小学校創立140周年記念式典に出席して”. 稲城市 (2013年8月13日). 2019年9月4日閲覧。
  25. ^ a b 立川市の歴史(1800年代から1924年まで)”. 立川市. 2019年9月4日閲覧。
  26. ^ 大正寺(たいしょうじ)と布田郷(ふだごう)学校”. 調布市. 2019年9月4日閲覧。
  27. ^ 学校の歴史”. 枚方市立津田小学校. 2019年11月20日閲覧。
  28. ^ 門真小学校の歴史”. 門真市立門真小学校. 2019年11月20日閲覧。
  29. ^ 学校の歴史”. 守口市立守口小学校. 2019年11月20日閲覧。
  30. ^ 学校の略歴”. 岸和田市立春木小学校. 2019年9月4日閲覧。


「郷学」の続きの解説一覧



郷学と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「郷学」の関連用語

郷学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



郷学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの郷学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS