遠山プランとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 時事用語 > 遠山プランの意味・解説 

遠山プラン(とおやまぷらん)

国立大学における構造改革示し文部科学省構想

国際競争力のある大学づくりの一環として大学活性化目指した「国立大学構造改革方針」を指す。遠山敦子文部科学大臣の名前を取って「遠山プラン」と呼ばれている。

遠山プランは、次の3本から成り立っている。

1.国立大学再編統合大胆に進める
2.国立大学民間発想経営手法導入する
3.大学第三者評価による競争原理導入する

単科大学を他大学統合するなど、大学再編を進めることによって、現在99ある国立大学大幅削減目指す例えば、山梨大学山梨医科大学筑波大学図書館情報大学などで具体的な検討が始まっている。

また、国の機関次々独立行政法人化しているなかで、国立大学新しい「国立大学法人」として早期移行することを目指す

さらに、トップ30校に重点的予算配分を行って、世界最高水準教育研究環境整備するといった構想も遠山プランの目玉。すでに来年度予算概算要求にも盛り込まれ、2002年1月にも大学選定作業に入るところだ。

関連キーワード「国立大学法人
関連キーワード「概算要求

(2001.09.25更新



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「遠山プラン」の関連用語

遠山プランのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



遠山プランのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2019 時事用語のABC All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS