造成地の以前の地形とは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 住宅用語 > 造成地の以前の地形の意味・解説 

造成地の以前の地形

造成した住宅地土地や(土地付き)一戸建て住宅購入する場合、あるいは造成した住宅地住宅建設する場合には、その住宅地以前地形調べ必要がある例え近く河川がある場合や、海岸に近い埋め立て地、沼・水田・谷などの埋め立て地などは、沖積層軟弱地盤考えられる。仮に水田や沼などを埋め立て造成した場合は、3年5年地盤沈下始まり10年ぐらいで地盤落ち着くといわれている。また斜面造成した場合は、切り土であれば良好地盤といえるが、盛り土場合には3年5年ぐらいで地盤沈下するので、敷地変化に十分に注意する必要がある


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

造成地の以前の地形のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



造成地の以前の地形のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
SUUMO(スーモ)SUUMO(スーモ)
COPYRIGHT 2019 RECRUIT CO.,LTD
リクルート SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典

©2019 Weblio RSS